年収100万円以下のフリーターは限度額何円までなら借り入れ可能?

しごと

 

そもそもフリーターとはどのような働き方をしている方か?というのを最初にハッキリさせておきます。

 

学生の方や専業主婦の方はフリーターではありません。

 

基本的にフリーターとは、アルバイト・パートとして働いている方を指します。

 

求職中の社会人の方もフリーターに含む事がありますが、収入がないとカードローン契約出来ないので、ここでのフリーター定義では外させていただきましょう。

 

ちなみに、アルバイト・パートと同じ非正規雇用でも、派遣社員や契約社員はフリーターに含まれません。
(派遣社員や契約社員はカードローン契約出来ないという意味ではない)

 

フリーターでも借り入れ可能?限度額は最高いくら?

 

では、フリーターという職業でもカードローン契約が可能か?というところから説明すると、安定した収入があれば可能です。

 

加えて、その安定した収入というのは、特に年収が何円以上なくてはいけない!というものではありません。

 

その為、年収が100万円以下のフリーターの方でも、絶対にカードローン契約できない!という事はないです。

 

カードローン審査では、年収だけを見るわけではなく、年収以外の勤続年数や職業、住居形態や家族構成など他の属性に加え、信用情報も精査して行われます。

 

その為、年収100万円以下で低くても、逆に物凄く高くても、収入面だけで審査結果が出て限度額が決まるわけではありません。

 

その為、基本的には年収が100万円のフリーターの方でもカードローン契約をする事自体は可能です。

 

カードローン審査に通過する為には、年収よりもどちらかといえば信用情報の状態の方が重要となっています。

 

ただ、限度額を高額に設定してもらうには、年収も高い必要があります。

 

したがって、年収100万円以下でもお金を借りることは出来ますが、高額を借りる事は出来ません。

 

特に消費者金融では、年収の3分の1までしか借りられないように総量規制で定められているため、年収が100万円だとして最高でも約30万円までしか借りられないといえるでしょう。

 

100万円以下の年収毎の借りられる金額目安

 

100万円以下の年収額(20万円ごと)

目安の限度額

100万円

約30万円

80万円

約27万円

60万円

20万円

40万円

約13万円

20万円

約7万円

 

銀行なら年収100万円以下のフリーターでも30万円以上借りられる?

 

ちなみに、銀行に関しては総量規制が関係ありません。

 

そこでフリーターの方の中には、銀行カードローンなら年収100万円以下でも30万円より多く借りられるのでは?と考える方もいるでしょう。

 

確かに、銀行カードローンは厳密には年収制限が設けられていないので、30万円以上借りられる可能性はあります。

 

しかし、では年収が低くても何百万円と借りられるか?といえば、やはり無理でしょう。

 

明確な年収制限はありませんが、銀行カードローンでも大体借りられる金額は年収の半分(2分の1)程度と言われています。

 

その為、年収100万円のフリーターの方なら、銀行カードローンでも50万円ほどでの契約が妥当といえるでしょう。

 

消費者金融での30万円よりは多い金額が借りられますが、年収が100万円の場合は百万円単位の借り入れは銀行カードローンでも難しいです。

 

フリーターという職業は審査でやっぱり不利?

 

年収が低いと消費者金融でも銀行でも、限度額は低くなりがちであることはここまで述べてきた通りです。

 

では、フリーターという職業・雇用形態は審査で実際不利なのかどうか?といえば、そこまで評価が高いものではないといえます。

 

カードローンの最低限の貸付条件である、安定した収入があるという点はフリーターの方も満たせるので契約は可能です。

 

しかし、正社員でない分、いつ仕事がなくなって収入が途切れてしまうか分からないというリスクがあります。

 

また、非正規雇用者の場合、ボーナスや昇給なども期待できないので、収入が低いままである可能性も高いので、金融機関はどうしても貸し倒れリスクを危惧し貸し渋り易いです。

 

ただ、先述もしたように、カードローン審査では年収や職業などの属性よりも信用情報の状態が重視されるので、信用情報に問題がなければ審査に落ちることはありませんし、年収に見合った金額での借り入れは出来ます。

 

逆に、例えば一流企業で正社員として働いており年収が高くても、信用情報に度重なる返済遅延や延滞、多重債務、異動情報の記録がある場合は、限度額が低いどころか審査通過も出来ない可能背うの方が高いです。

 

加えて、カードローン契約時はフリーターで年収も100万円以下だったとしても、借入利用中に正社員になって年収が上がったりすれば、限度額を増額するチャンスもあります。

 

その為、年収が低いフリーター職という状態でむやみに高額の金額をカードローンへ申し込むのではなく、とりあえず自身の年収でも審査通過が怪しくない金額で申込、カードローン利用途中で増額申請をするのがオススメです。

 

その際、例え年収自体がそこまで上がっておらず、職業もフリーターのままでも、1度も返済を遅れずにしていれば契約先の金融機関で信用実績が積めているという事で増額が出来る可能性があります。

 

信用と勤続年数で評価を上げる!

 

年収や職業という属性が低い方は、信用実績(クレジットヒストリー)が非常に重要になってきます。

 

その為、ローンやクレジットカードキャッシング枠の完済履歴や返済状況などが良ければ、属性審査で不利な分をカバーできる可能性が高いです。

 

すると、銀行カードローンであれば、一般的なフリーターの限度額より少し高めの金額設定がされる可能性はゼロではありません。

 

ちなみに、ローンやキャッシング枠の件数は少ない方が信用情報の評価が高いので、不要なカードローンやクレジットカードキャッシング枠は解約しておくことをオススメします。

 

また、年収などと同じ属性情報にあたる勤続年数も、フリーターの方の審査上での評価を左右するのに欠かせない項目といえるでしょう。

 

フリーター職であっても、勤続年数が3年以上などというように長ければ、離職してしまう可能性が低いと貸付側は審査で判断します。

 

その為、同じフリーターという属性でも、勤続年数が短い方よりも長い方が審査結果が良くなり、限度額も高くなる可能性があるといえます。