限度額10万円での契約には深い意味がある!?

10

 

カードローンで10万円ぴったり借りたい。

 

寧ろ、本当に少し借りたいだけなので10万円でも限度額が多すぎる。

 

本当は50万円、100万円といったもっと上の金額が借りたかったのに、限度額10万円での契約になってしまった!

 

といった方がこのページをご覧になっていると思います。

 

10万円という金額は、カードローン限度額で実は意外と重要な金額です。

 

中には、そんな少額の限度額でカードローン契約をしてもしょうがない…と思う方もいるかもしれません。

 

ところが、限度額10万円というのはカードローン契約において可能性がある金額といえます。

 

限度額10万円で申込=審査通過確実!?

 

まず、とにかくカードローン審査に通過したい!という方は、10万円までの金額で申込をする事をオススメします。

 

その為、カードローンで10万円ぴったり借りられるかな!?と心配している方は、過去に金融事故などを起こしていなければ、原則、審査に落ちてしまうような事はないので安心してください。

 

カードローン契約では、基本的に返済能力に問題がなければ、最低でも10万円は限度額で設定されることが多いです。

 

というのは、10万円という限度額は貸付側からすると、しばらく借り入れ・返済の様子を見る為の金額だからといえます。

 

特に、銀行カードローンは限度額の設定が10万円が下限となっており、最低でも10万円を貸しても大丈夫そうな与信の方でないと審査に通過できません。

 

つまり、もし10万円までの金額でカードローンに申込んで審査に落ちた場合は、自身の信用情報に何かしら問題があることが考えられ、他の金融機関へ申し込んでも、再度審査落ちの結果をもらう可能性が高いです。

 

ちなみに、自身の年収が少なく審査に不安がある方も、とりあえず10万円の金額で申し込んで見ることをオススメします。

 

特にフリーターなどで年収が100万円くらいの場合は、どちらにせよ高額限度額での契約は期待できないので、審査通過の確実性が高い少額で申し込んだ方が良いです。

 

年収が低い場合、自身の年収でも借りられる金額ギリギリで申し込んでも、結局限度額10万円の限度額での契約になる可能性が高いです。

 

年収が100万円なら、良くても限度額は30万円までです。

 

そこに信用情報の状態も審査では関係してくるので、もし軽度の信用の傷などもあって年収が100万円程度の場合は、限度額30万円で契約することは叶わないといえるでしょう。

 

借りたいのが10万円以下なら消費者金融?

 

上述したように、カードローンの最低限の限度額が10万円です。

 

しかし、借り入れをしたい方の中には使い込んでしまわないか心配で、どうしても10万円以下の少額で借りたい!という方もいると思います。

 

もし、絶対に10万円以下の希望額で契約したいなら、消費者金融に申込むのが良いでしょう。

 

というのは、銀行カードローンは元々大口融資の方が得意なのもあって、10万円以下で限度額設定をしてくれる可能性が低いです。

 

そもそも、銀行の場合、限度額の設定が10万円〜800万円というように、10万円からしか限度額の設定がない事が多いので、希望額を10万円以下で申し込んでも、良くも悪くも審査に通過すれば10万円の限度額は必ずもらえます。

 

ところが、消費者金融のカードローンであれば、1万円から限度額の設定が可能です。

 

その為、絶対に10万円以下の金額しか借りない!借りたくない!という方は消費者金融での契約を優先するのがオススメです。

 

また、10万円以下の借り入れ額なら、1〜2ヶ月で完済出来る可能性が高いので、消費者金融の無利息期間サービスを上手く利用すると利息が余計にかかることなく返済できます。

 

消費者金融はプロミスがおすすめ!⇒

 

消費者金融は総量規制に注意!

 

限度額10万円で契約する分にはそこまで気にする必要もありませんが、消費者金融で契約する場合、年収による融資額の制限に注意しましょう。

 

消費者金融服務貸金業者は、総量規制により借り入れ側の年収の3分の1以上の貸付を禁じられています。

 

その為、あまりないとは思いますが、年収が30万円以下だとカードローンで限度額10万円を契約する事すら出来ません。

 

総量規制を超える金額を希望額として申し込んでも、借りられることはありませんし、イタズラ申し込みや総量規制すら把握していないとして、審査に即刻落とされる可能性があります。

 

年収毎に消費者金融で設定できる最高限度額を以下にまとめたので、以下の制限額の範囲で消費者金融カードローンは申し込みを心がけましょう。

 

年収毎の限度額
  • 100万円=約33万円
  • 200万円=約66万円
  • 300万円=100万円
  • 400万円=約133万円
  • 500万円=約166万円

(少数点以下は切り捨て)

 

また、総量規制であれば、必ず借りられるというわけでもありません。

 

審査は年収(属性)だけを見られるわけではないので、信用が伴っていないなら、年収が高くても限度額は低い設定になります。

 

希望額より遥かに低い10万円の限度額になってしまう原因は?

 

小銭

 

逆に、10万円という限度額では満足な借り入れが出来ない!どうしてそんな少ない金額になってしまったのか納得がいかない!!という事もあると思います。

 

限度額の最低ラインの10万円でしか審査通過・契約が出来ないとい場合の理由は大きく2つです。

 

  1. 借り入れ実績がなさ過ぎて様子見
  2. 信用情報に問題があり返済能力に欠ける

 

最初に限度額10万円という金額には可能性があると述べました。

 

それは、審査に通過できる可能性が高い事もそうですが、10万円という限度額は借入初心者にもよく適用される金額でもあるからです。

 

その為、カードローン契約が初めてで、クレジットカードなどでも支払いや返済が遅れたことがないのに、限度額が10万円で決まってしまった場合は、申し込み先の金融機関に様子を見られていると思った方が良いです。

 

その場合は、契約後に借り入れ利用実績を積むことで、限度額増額の可能性が十分にあるので、しばらく限度額10万円で辛抱すると良いでしょう。

 

限度額の増額は最低でも1年ほど経ってからでなくては、うまくいかないのですが限度額10万円でスタートした場合は、早ければ半年程で増額が出来る可能性があります。

 

それは、限度額10万円という金額が最低限のラインであり、様子見の金額であるが所以のメリットといえるでしょう。

 

金融機関も、返済能力がある方にはなるべく多く借りてもらった方が利益に繋がるので、契約後しっかり返済をしていけばその分増額の可能性も高くなります。

 

時に、カードローン契約が初めてではなく利用実績はあるのに、限度額10万円でしか契約できなかった場合は危機感を持ちましょう。

 

というのも、借り入れ利用実績があるのに10万円までしか借りられないというのは、はっきり言ってしまうと、実績があってもその程度の返済能力しかないと金融機関に判断されているからです。

 

若しくは、その過去の借り入れ履歴に問題があるからこそ、10万円しか借りられない可能性が高いといえます。

 

つまり、新たにカードローン申し込みをするまでに、他のローンなどで返済遅延や延滞、債務整理などの金融事故があった為に、限度額が希望額に対して著しく少額になってしまっていることが考えられるのです。

 

その場合は、それらの信用情報の上での履歴が消えるまで待つしかありません。

 

もし、低い限度額に納得できないからといって、すぐに増額を申し込んでも高確率で増額審査に落ちます。

 

下手をすると無理な増額を申し込んだことで、借り入れの利用停止になってしまう可能性が否めないので、当分は高額の借り入れは諦めた方が良いでしょう。

 

信用実績が積めたら10万円からの増額は簡単?

 

カードローン限度額の増額は、最低半年〜1年以上契約先で借り入れ・返済をした後であれば出来る可能性がでてきます。

 

その為、増額したい!という場合は1年経つのを待つのが良いです。

 

また、10万円という少額の限度額からスタートした場合、返済の仕方が好印象であると一気に30万円までに限度額が上がることもあります。

 

基本的に約定返済日より早く返済したり、随時・繰り上げ返済を積極的にすると、貸し付け側からして良いお客さんになる可能性が高いです。

 

すると、金融機関としては、ちゃんと返済をしてくれる方には長く借り入れ利用をしてもらいたいので、増額審査に通過し易くなるといえるでしょう。

 

加えて、もし良いお客さんとなった状態で1年以上同じ契約先で借り入れ・返済をしていると、増額の案内が来ることもあります。

 

限度額50万円までは、貸し付け側からの増額案内が期待できるといえるでしょう。

 

その際、最初の限度額が10万円というような少額の場合は特に、増額が上手くいく可能性が高いのです。

 

ただ、10万円から急に限度額100万円!という様な極端な増額は叶わないので注意しましょう。

 

限度額50万円くらいまでは、良好な信用実績を積めているなら10万円から増額が上手く出来る可能性が高いです。

 

1年も待てない!という事であれば、他社で新規借り入れをするという方法も取れなくはないですが、いずれにしても借りられる金額がそこまで多くなることはないといえます。

 

自分で増額を依頼するよりも、貸し付け側から増額案内が来る方が限度額が上がりやすい傾向にあるので、出来れば50万円までは案内が来るのを待って増額することをオススメします。

 

しかし、自分から増額を申し込んではいけないわけではないので、必要に応じて限度額を10万円から増やせるように返済をしっかりしましょう。

 

最初は少額で申し込みその後で増額を考えている場合は、借入先は一つに絞っておくのが良いです。
というのは、複数で借りると、貸し付け側同士が他社借り入れの具合に疑心暗鬼になり、借り入れ側の返済能力を低くみる傾向にあります。
その為、一つの契約先で返済遅延なくほどほどに借り入れをしながらカードローン利用する方が、増額が成功し易いといえるでしょう。

 

高額過ぎる希望額での申し込みは避けるべき?

 

例え借り入れ側の都合で高額が借りたくても、信用や返済能力が審査で認められなければ高額限度額は設定されません。

 

それどころか、下手に現実的でない高額の希望額で申し込んだことによって、審査に落ちたり本来借りれたはずの金額が少なくなったりします。

 

その為、特に初めてのカードローン契約では、最高でも50万円までの希望額で申込む事をオススメします。

 

また、50万円以下であれば、消費者金融でも銀行でも収入証明書の提出が省けます。

 

原則、50万円以上を一つの金融機関のカードローンで希望する場合は、具体的な返済能力を示すために収入証明書が必要になってくることが多いです。

 

審査通過するだけなら、年収が高額でなくても信用情報に問題さえなければ心配ないといえます。

 

しかし、より高い限度額でカードローン審査に通過しようとするには、年収もそれに見合うくらいの金額がなくてはいけないといえるでしょう。

 

銀行カードローンでは以前まで収入証明書が不要な事もありました。
しかし、最近は過剰貸付が指摘されたことで、消費者金融と同じように50万円以上の借り入れ希望の場合には提出が求められます。