300万円をローンで借りるには?

300

 

300万円というと高額の借り入れになるので、簡単には借りられない可能性が高い。という事をまずは理解しておきましょう。

 

しかし、金融機関の貸付をした顧客情報などでは、実際に300万円やそれ以上の高額を融資したという記録がありますから、絶対に借りられないという事もないです。

 

ただ、高額融資を借りる場合、計画的に返済をしていかなくては完済までに時間がかかり、利息額が高額になってしまうので注意しましょう。

 

低金利で300万円をカードローンで借りるならどこがオススメ?

 

消費者金融で300万円を借りるなら、年収は900万円以上なくてはいけません。

 

消費者金融ではそのように総量規制によって、年収の3分の1までしか借りられないという制限があるので、高額の借り入れには向きません。

 

また、例え年収が900万円以上があっても、消費者金融の金利は高めなので高額を借りると利息負担が大きくなりがちです。

 

その点、銀行カードローンであれば法律による年収制限もありませんし、金利も消費者金融よりも低金利となっています。

 

その為、カードローンで300万円を借りるなら、銀行カードローンがオススメです。

 

特に、銀行口座があり給料の振込先などにしている銀行のカードローンへ申し込むのが良いといえるでしょう。

 

また、住宅ローンと併用だとカードローンの金利が引き下げが適用される銀行などもあります。

 

例えば、みずほ銀行カードローンなら同行の住宅ローン併用で、適用金利から0.5%金利引き下げがされます。

 

口座開設もしておらず、何も取引がない銀行へ300万円の希望額でカードローンを申し込むより、口座を保有している銀行の方が高額の融資でも受けられる可能性が高いです。

 

あまり自行に情報のない顧客に融資するよりも、ある程度どういう人物か分かる顧客に貸す方が貸付側も安心できるといえます。

 

ちなみに、銀行カードローンは確かに法的な年収制限はありませんが、それでも審査で最高でも借りられる金額は年収の2分の1ほどまでといえるでしょう。

 

加えて、基本的に高額の借り入れは信用情報に問題がない事は勿論、年収もやはりそれなりに高くなくては、満足のいく金額で借りる事は難しいです。

 

その為、銀行カードローンで300万円を借りる場合も、なるべく年収が600万円ほどはあることが、無事に希望額で審査通過できる状態といえます。

 

ただ、ローンの完済履歴などがあり、信用実績が積めている場合は、多少審査での年収の評価は大目に見てもらえる可能性がゼロではありません。

 

銀行なら高額融資でも収入証明書は要らない?

 

少し前までは、銀行カードローンの場合300万円までは収入証明書が不要である事が多かったです。

 

ところが、2017年4月以降より銀行カードローンが過剰貸付を指摘されたことによる自主規制を始めたことで、収入証明書不要額は大幅に引き下げられました。

 

現在は、銀行カードローンでも基本的に借入額が50万円以上になった場合、収入証明書の提出が必要となります。

 

その為、300万円を借りる場合は、銀行カードローンで契約したとしても収入証明書が必要となるので、用意してから申し込みをしましょう。

 

資金用途が決まっているなら銀行フリーローンで借りる?

 

融資金の用途が具体的に決まっていたり、見積書や資金用途が分かる資料などを用意出来るなら、カードローンではなくフリーローンや目的ローンで借りた方が良いでしょう。

 

融資が受けられるスピードは遅くなりますが、300万円を借りても銀行カードローンよりも低金利なので、利息負担が軽く済みます。

 

高額を借りた後は完済までに時間がかかるので、なるべくは金利を抑えて借りた方が良いです。

 

ただ、銀行のフリーローンや目的ローンでは、カードローンなら借りられる生活費や雑費といった明確でない目的での融資が受けられない点に注意してください。

 

また、カードローンは限度額の範囲内で繰り返し追加借り入れが可能ですが、フリーローンや目的ローンでは原則、契約時の一度だけ希望額が融資されるローンとなっています。

 

銀行フリーローンや目的ローンで追加借り入れをする場合は、再審査が必要になることが多いので、こまめに追加借り入れがしたい場合はカードローンがオススメです。

 

車や事業資金は専用のローンを使おう!

 

時に、300万円が借りたい理由が車もしくは事業資金のの場合は、カードローンでもフリーローンでもなく、専用の目的ローンを利用しましょう。

 

というのは、車や事業資金という目的での借り入れは高額になることが前提なので、金融機関も目的にあった条件で融資が受けられるようローンプランを用意しているからです。

 

車なら、オートローンやマイカーローンで300万円を借りた方が、カードローンで借りるよりも低金利で、返済額もより目的に合った金額設定になっています。

 

事業資金も、銀行ではフリーローンとは別に事業融資として目的ローンが設けられています。

 

寧ろ、事業資金の場合、通常の銀行カードローンやフリーローンでは用途として認められない事も少なくないです。

 

また、事業資金での借り入れは総量規制の範囲から外れるので、消費者金融や信販会社でビジネスローンとして契約する事も出来ます。