カードローンは1万円だけでも借りられるのか?

いちまん

 

限度額は、あくまで借り入れが出来る範囲の上限なので、1万円以上の限度額で審査に通過すれば、その範囲で必要な金額だけを借りることが出来ます。

 

例えば、審査でカードローンの限度額が10万円に決まったとしても、必要な金額が1万円だけなら1万円だけを借りて、残りの9万円はまったく借りなくても問題はありません。

 

つまり、限度額が10万円、30万円、50万円などというように1万円よりも高く設定されても、1万円以上の借り入れが必要ないなら使わずにおくことが可能です。

 

しかし、中には「1万円以上を借りられる状態なのが不安…」という方もいることでしょう。

 

そういった場合は、1万円の限度額設定から出来る金融機関のカードローンを契約することをオススメします。

 

1万円の限度額設定が可能なカードローン
  • プロミス
  • アコム
  • アイフル
  • モビット
  • ノーローン
  • 新生銀行カードローン レイク

 

1万円までの借り入れ可能な枠しか欲しくない方は、上記のカードローンで契約するのが良いでしょう。

 

銀行カードローンは、新生銀行カードローン レイクを除いてほとんどが最低でも10万円からの限度額設定となります。

 

ちなみに、上記のカードローンであれば、限度額の範囲内で1,000円単位での借り入れも可能です。

 

加えて、1万円単位の借り入れであれば、どの金融機関のカードローンでも可能です。

 

100円・1円単位での借り入れは出来ない?

 

ちなみに、1,000円単位以下の100円・1円といった硬貨になる単位での借り入れは、基本的に難しいです。

 

ただし、三井住友銀行カードローンやみずほ銀行カードローンなら、自行の本店・支店にあるATMを利用する事で1円単位の借り入れが可能です。

 

振り込み融資は、どのカードローンもやはり1,000円単位からしか借り入れが出来ません。

 

もし、どうしても硬貨単位での借り入れがしたい場合は、三井住友銀行カードローンかみずほ銀行カードローンでの契約を検討しましょう。

 

ただ、2行とも限度額の設定は1万円には出来ないので、その点には注意が必要です。

 

1万円を翌月に無利息で返済!

 

金融機関によっては無利息期間を設けて、カードローンを扱っているところがあります。

 

1万円などの限度額で少額融資を受けた場合の強みは、無利息期間を上手く使う事で利息0円で完済出来る点です。

 

例えば、無利息期間が30日であれば、その期間のうちに元金(借りたお金自体)である1万円だけを返済すれば、利息は0円になります。

 

ただし、無利息期間をサービスとして扱っているカードローンは限られています。

 

無利息期間があるカードローン

  • プロミス
  • アコム
  • アイフル
  • ノーローン(7日間)
  • 新生銀行カードローン レイク
  • ジャパンネット銀行 ネットキャッシング

 

無利息期間のあるカードローンは、上限金利が高めであることが多いです。

 

その為、長期の借り入れには向きませんが、単発で少額の借り入れをするならメリットが大きいといえます。

 

また、ノーローン以外は無利息期間が30日間です。

 

ノーローンの7日間は短い!と思うかもしれませんが、ノーローンはその無利息期間が契約中の間、何度も受けることが出来ます。

 

というのは、ノーローンの無利息期間の仕組みは、その月のうち7日間だけ無利息になり、その月の約定返済日までに完済することで、翌月にまた7日間の無利息期間が受けることが可能となるといった独自のものです。

 

給料日前の1週間だけお金が借りたい…という方にとっては、ノーローンは利便性が高いといえるでしょう。

 

その他のカードローンの場合は、30日間無利息期間がありますが適用されるのは、原則、1度だけとなっています。

 

限度額・借り入れ額が少ないと高金利?

 

ちなみに、カードローンでは限度額50万円以下の場合、上限金利が適用されます。

 

その為、大体の金利が消費者金融なら18.0%、銀行なら14.0%くらいで借り入れをすることになるでしょう。

 

ただし、借りる金額が少額だからといって、高金利になるわけではなく、設定された限度額が少額であることが金利が高くなる理由といえます。

 

限度額はカードローン審査で決まり、金額が高い方が貸し倒れリスクが低く返済能力があるという判断になります。

 

それに伴って、限度額が高い場合は、返済能力があることが前提ですから金利も低金利になるのです。

 

また、限度額が高いということは、高額の借り入れが出来る状態なので、利息負担がかかり過ぎない為にも低金利設定がなされているとも言えるでしょう。

 

ただし、限度額と金利の関係が大きく関係してくるのは、限度額設定100万円以上の場合です。

 

限度額100万円以上をカードローンで借りることは難しいといえます。

 

一般的に、限度額は50万円までがそこまで審査で落とされることなく借りられるといわれています。

 

また、安定した収入があっても学生(成人)やアルバイト・パートなどの非正規雇用の場合は、限度額設定が最高でも10〜30万円くらいまでが平均とされています。

 

その為、カードローンを契約する大半の方は、上限金利で借りることになるといえるでしょう。

 

本当に必要な金額は1万円でも、低金利で借りたい為に100万円でカードローンに申込んだとしても、そうそう100万円の限度額が設定されることはありません。

 

それよりは、借りたい金額が少額なら、少額の希望額のまま申し込んで審査通過の確率を上げた方が良いです。

 

毎月1万円借りるなら銀行カードローン?

 

カードローン利用が契約した時一度きり1万円を借りたいだけなら、上述した無利息期間があるカードローンが絶対おすすめです。

 

しかし、契約した時一度きりだけでなく、その後も毎月や定期的に1万円を借りるなら低金利な銀行カードローンで契約する事も検討しましょう。

 

というのは、先述もしたように無利息期間は一定期間だけ受けられるサービスなので、基本的に一度利用したらその後は利息が発生します。

 

また、無利息期間のあるカードローンは大体上限金利が年18.0%で、少額の借入は金利が高く付いてしまいがちです。

 

その為、毎月1万円の借り入れが必要な場合は、年14.0%の金利で済む銀行カードローンの方が利息額負担が少なくなるといえます。

 

ただ、銀行カードローンは新生銀行カードローン レイク以外では、限度額の最低額が10万円です。

 

つまり、銀行カードローンでは1万円の限度額設定が出来ません。

 

したがって、最低額10万円で設定されても、必要以上に借りないように意識する必要があります。

 

借入額が1万円でも返済期間に注意!

 

加えて、銀行カードローンでは残高が少ないと約定返済額も少額です。

 

すると、毎月の返済負担は少なく、楽に返済が出来ます。

 

しかし、残高に対して少なめの金額ばかりで返済していると、残高がなかなか減らず返済期間が間延びします。

 

銀行カードローンでは、残高10万円未満は約定返済額が2,000〜3,000円と少額の設定である事が多いです。

 

2,000〜3,000円というと、1万円だけ借りていたとしても完済するまでに3〜4回ほどの返済日を経る必要があります。

 

そうなると、利息は日割りでかかってくるので、完済までに1カ月、2ヵ月とかかるほど利息額は多くなってしまうのです。

 

特に少額を借りる際は、返済期間が必要以上に長かった為に、後から計算してみたら利息額として支払った金額が借りた金額に対して多かった…という事がよくあります。

 

その様に、借入額に対して利息が嵩まないようにする為には、ただ設定されている約定返済額を支払っていてはいけません。

 

せっかく借り過ぎないように限度額を少なく設定しても、利息が嵩んでいては勿体ないといえるでしょう。

 

そこで、利息が必要以上に嵩まないようにする為に、約定返済だけでなく上乗せ返済や繰り上げ返済をする事をオススメします。

 

上乗せ返済は約定返済をする際、定められている金額よりも多めの金額を返済額として収めることです。

 

繰り上げ返済は、約定返済日が来る前に早めに返済をする事です。

 

そうすることで、残高の減りが早くなり返済期間も短く出来るため、利息が必要以上に嵩みません。

 

借り過ぎに気を付け、なるべく利息がかからないようにするなら、返済のスピードにも気を付けるようにしましょう。