パート・アルバイトはカードローンで限度額いくら借りられる?

レジ店員

 

パートやアルバイトの収入だけの人でもカードローンは借りられるのか?

 

特に結婚している女性の場合、多くの人が夫の扶養内に入れるようにパート・アルバイトの年収を調整していると思います。

 

すると、カードローンで借りられたとしても、限度額がいくらまで借りられるかも心配でしょう。

 

パート・アルバイトでもカードローンは借りられる!

 

パート・アルバイトの収入だけでもカードローンは借りることが可能です。

 

ただ、借りることはできますが厳密にいうと、やはり借りられる金額は多くありません。

 

加えて、銀行でパート・アルバイトだからといって審査に落ちてしまう事はありませんが、少額融資は消費者金融の方が借りやすい傾向にあります。

 

というのは、銀行はどちらかというと年収が高い方に高額融資をする事を優先するからといえるでしょう。

 

借りられる事の確実性を考えて、パート・アルバイトの方が消費者金融に申込む場合、総量規制による年収制限に注意が必要です。

 

総量規制の計算式

消費者金融の借入上限額 = 年収の1/3まで

 

消費者金融では総量規制により、年収の3分の1までしか貸付ができません。

 

したがって、年収103万円だった場合、借りられるのは34万円までとなりますので、それ以上は原則借入することができません。

 

1社に申込みして20万円まで借りられたのであれば、もう1社から14万円までが上限となります(審査に通った場合)。

 

その為、パート収入が年間103万円(扶養の範囲内)の場合、総量規制で借りられる限度額は最高でも34万円となるのです。

 

最高50万円借りられれば良い方?

 

もし、扶養など関係なく、それなりに年収があるパート・アルバイトでも、基本的に借りられる金額は高くなりにくいといえます。

 

基本的に、パート・アルバイトの方が審査で通過できる限度額は30万〜50万円までです。

 

もっと低いと10万円までの限度額となる事もあるので、限度額が30万円でも50万円でも設定された場合は、良い方といえるでしょう。

 

時に、50万円以上の借入となると、先述もした総量規制により収入証明書の提出が必要です。

 

すると、収入証明書を用意する手間もかかってきます。

 

そもそも、消費者金融で50万円の限度額が設定されるには、年収が150万円以上でなくてはいけません。

 

その場合、どうしても収入が低くなりがちなパート・アルバイトの方は、年収制限の壁を越えて50万円を借りるのが難しいといえるでしょう。

 

ただ、勤務時間が長く勤務日数も多いなら、時間給のパート・アルバイトの方は年収もそれなりに高いですから、絶対に50万円以上の限度額が付かない!というわけではありません。

 

もし、年収が高く審査通過に自信があるなら、パート・アルバイトの方でも銀行へ申し込んだ方が、高い限度額で契約が出来る可能性があります。

 

パート・アルバイトは勤続年数が重要?

 

また、パート・アルバイト、派遣社員などの非正規雇用の場合は、カードローン審査において、年収や信用情報に加え、勤続年数も重要な要素となります。

 

パート・アルバイトなどは特に、いつ仕事がなくなって収入が途切れてしまうかが、貸付側にとっては不安要素です。

 

その為、最低でも1年以上は同じ職場での勤続年数があった方が良いといえます。

 

3年以上の勤続年数がある場合は審査で有利です。

 

雇用契約だけして、借り入れ契約に臨むことも不可能ではありませんが、カードローン審査に問題なく通り、希望額全額を借りられる可能性は低いでしょう。

 

どうしてもパート・アルバイトといった非正規雇用の方は、雇用形態という点で審査の評価が正規雇用の方より低いです。

 

しかし、勤続年数が長いパート・アルバイトの方と勤続年数が短い正社員の方では、そこまで優劣が付かなくなるといえるでしょう。

 

社会保険に加入してると有利?

 

非正規雇用の方で、社会保険に加入しており社会保険証を持っている場合は、カードローン審査で若干有利になります。

 

というのは、社会保険の加入条件が正規雇用者と同程度の労働量であることだからです。

 

その為、基本的に給与が時給であることが多いアルバイト・パートの場合、社会保険証があることで安定して勤続している事実の証明にもなります。

 

カードローン申し込み時に、保険証の種類を問われる項目がある場合もありますから、申し込み項目にある場合は高確率で審査に影響を及ぼしているといえます。

 

まだ、社会保険に加入していないものの、ほぼ毎日7時間ほど勤務しているなら、加入条件を満たしている可能性が高いので、保険の種類を変えてからカードローン契約に臨むのも一つ手です

 

配偶者貸付なら限度額が高くなる?

 

夫婦

 

消費者金融からの借り入れには、原則、総量規制が適用されますが、中には例外貸付という条件付きで総量規制以上の借り入れが出来る場合があります。

 

例外貸付でアルバイト・パートの方がどうしても年収制限以上の借り入れをしたい場合に、利用できる可能性があるのが配偶者貸付です。

 

配偶者貸付で借り入れをする場合、自身の年収+配偶者の方の年収の3分の1以下に借入れの範囲が広がります。

 

例えば、自身の年収が100万円で配偶者の方の年収が200万円とすると、合計の年収額は300万円ですから、最高で100万円借りられることとなります。

 

ただし、配偶者貸付には、配偶者の方の同意書や婚姻関係の証明が出来る書類が必要になるので、相談が必要になります。

 

加えて、例外貸付でカードローン申し込みをわざわざ消費者金融でする方が多くないため、金融機関側に断られる場合があります。

 

その為、どうしてもアルバイト・パートの方が年収の制限を受けずに、少しでも多く借り入れがしたいなら、銀行を借り先に選んだ方が無難といえます。

 

しかし、銀行カードローンなら無条件にたくさんお金が借りられるというわけではなく、あくまで法律で年収制限が設けられていないだけです。

 

信用情報や年収含む属性などの返済能力が認められ、銀行カードローンの審査に通らなけれ年収制限のない借り入れは出来ません。

 

銀行カードローンなら高い限度額で借りられる?

 

BANK

 

銀行カードローンの場合、法律で具体的な年収制限は設けられていません。

 

その為、年収103万円のパート収入だったとしても、法律的には34万円以上貸付しても問題はないことになっています。

 

では、パート・アルバイトでも銀行カードローンから50万円まで借入ができるのか?と言えば、審査次第で借入は可能といえるでしょう。

 

なぜならば、銀行カードローンでは配偶者に安定的な収入があれば収入が0円の専業主婦に対しても貸付をしているカードローンがあります。

 

当然、全く収入が無い専業主婦よりも、パート・アルバイトでも多少の収入がある方が審査では有利となります。

 

そして配偶者に安定的な収入があるのであれば、より一層借りられる可能性は広がるでしょう。

 

銀行カードローンの多くはパート・アルバイトでも申込みが可能!

 

昔の銀行カードローンでは年収何百万円以上というような条件もありましたが、今の銀行カードローンの多くはそのような条件はなく、パート・アルバイトでも申込みが可能となっています。

 

結婚していて、パート・アルバイトの収入があれば積極的に銀行カードローンへ申込みしてみることをおすすめいたします。

 

また、出来ればパート・アルバイトの給与が振り込まれる口座がある銀行のカードローンで契約するのがいいでしょう。

 

というのは、その方が銀行も借入側の明確な収入を把握しやすく、また顧客である為他の消費者金融や銀行で借り入れをするより、貸付が有利になる可能性があるからです。

 

加えて、住宅ローンなどその銀行のカードローン以外のサービスの利用で、カードローン金利が引き下げになる銀行などもあります。

 

それらのカードローンに関わるサービスは、パート・アルバイト、正規社員に関わらず条件を満たしていれば受けることが可能です。

 

カードローン限度額と年収についてもっと詳しく⇒