カードローン限度額引き上げと追加融資の違いと方法は?

上昇

 

使えるお金を増やすという点では、限度額増額も追加融資も、違いはありません。

 

しかし、それ故に言葉の端だけとらえるとこの二つは勘違いしがちでしょう。

 

まずは簡単に、明確にどう違うのか説明したいと思います。

 

限度額増額と追加融資の違い
  • 限度額増額=設定されている利用限度額の枠そのものを増額すること。
  • 追加融資=利用限度額という枠の中で借り入れする金額を増額すること。

 

追加融資(追加借入とも)というのは借入契約時に決めた限度額内で、使うお金の引き出しを自分の意思で自由に増やすことです。

 

限度額として設定されている金額まではいつも通り、カードローンならATMから引き出したり、ネットキャッシングが出来ます。

 

例えば、限度額50万円と定められた中の20万円だけ借りて使っていたとしたら、あと30万円は自分の都合で何度でも追加借り入れが出来ます

 

一番初めに、限度額目いっぱいまで借りた場合は返済が出来た分だけまた追加で借りられます。
(中小消費者金融では追加融資も申請が必要、または出来ないローンもあります。)

 

カードローンのメリットの一つとして、様々あるローンの種類の中でも、何度も繰り返し借り入れ・返済が自由に可能であることが挙げられます。
銀行フリーローンや目的ローンなどでは、基本的に融資が一度きりなので、臨時で追加借り入れが必要な時こそカードローンで借りる良さがあるといえるでしょう。

 

追加融資を受けるだけなら、限度額の増額申請をしたことにはなりません。

 

また、限度額いっぱいまで借り入れをした場合、それ以上の金額を追加借り入れすることは出来ません。

 

追加融資を既存の限度額よりも高額の範囲でしたい場合は、限度額の引き上げが必要となってきます。

 

追加での借り入れが出来なくなってしまう事もある?

 

からっぽ

 

追加融資は、自身のサジ加減で、限度額内でお金の借り入れをすることであるのは理解していただけたかと思います。

 

しかし、その追加融資が急に受けられなくなってしまう事もあります。

 

所謂、カードローン利用停止の状態です。

 

ただし、利用停止と言えど、利用できなくなるのは借り入れに関してだけで、返済は可能ですから借金がチャラになるわけではありません。

 

寧ろ、カードローン利用停止に陥った場合、返済一徹となります。

 

意外と、「急に利用停止になってしまった!」というカードローン利用者の口コミは多いです。

 

利用停止になって、追加融資が受けられなくなる原因には以下のようなものが考えられます。

 

追加融資不可の原因

  • 返済遅延・延滞といった返済停滞。
  • 登録情報の変更がされていない。
  • 他社借り入れが増えた。

 

借りるだけ借りて返さない人に融資をしても不利益にしかなりませんから、当然ながら返済が滞れば追加融資は受けられなくなります。

 

また、登録情報が変更されていないだけで何故借り入れが出来なくなってしまうのかといえば、金融機関がローン契約者と連絡が取れなくなったり、消息がつかめなくなると困るからです。

 

例えば、引っ越して住所が変わったのに、その変更を金融機関に届け出ていない場合などは、一時的に借り入れが出来なくなったりする可能性があります。

 

というのは、万が一利用者からの返済が滞った場合に、どこに督促をすればいいのか分からず、借り逃げされてしまうリスクを避ける必要が金融機関にはあるからです。

 

その他にも、ローン利用者の属性が変わったことで、今までの限度額で貸すのは危うい。と金融機関の判断された場合などは、限度額が下げられ、残高が下げられた限度額以下になるまでは返済しか出来なくなるという事もあります。

 

特に、他社借り入れ件数が増えるなどの変化があった場合は、追加融資が受けられなくなる可能性が高いです。

 

そういった時は、腹を立てて金融機関に電話で問い合わせたところで、利用停止の理由を教えてくれることはありません。

 

その為、一度借りた分の返済に徹して再び借り入れが出来るようになるのを待つようにしましょう。

 

既に設定されている限度額内での追加融資さえできない場合は、勿論、限度額の増額などは出来ません。
追加融資が出来ない場合、カードローン利用停止状態になっています。
利用停止なった場合、出来るのは返済だけです。

 

限度額引き上げの為の増額とは?

 

以上の追加融資の説明を踏まえて、では限度額の増額は何かもっと詳しく説明していきます。

 

端的に限度額増額について述べると、使えるお金の枠自体の額を引き上げることです。

 

限度額とはそもそも貸付側が「いくらまでなら融資出来ます。」というのを契約の際に提示して、借り入れ側も一度は了承し双方の間で取り決めた融資額の上限といえます。

 

ですから、限度額の設定額は一度借入先と交渉する必要があり、増額審査に通過する必要があります。

 

その為、限度額については必ずしも増額が出来、すでに借り入れが出来る範囲より確実に多くの融資がされるというわけではありません。

 

限度額増額はどのくらい可能?

 

ちなみに、限度額の増額は、例えば既存の借入限度額が30万円だとして、急に限度額100万円になるような増額の仕方はされません。

 

限度額の増額は、一般的に10万円単位ずつの増額といわれています。

 

ただし、初めの限度額が20〜30万円ほどで、余程返済実績が良かったり、信用情報に良い傾向がみられた場合は50万円までは、急に増額出来ることもあるようです。

 

基本的に、カードローンは個人向けの少額融資という用途をメインとしたローンプランなので、特別な理由なく200万円や300万円に限度額が急に増額出来ることはありません。

 

高額の借り入れ希望の場合は、借り入れの資金用途に合った目的ローンや銀行のフリーローンを契約した方が良いでしょう。

 

一般的に、カードローン限度額の増額は、50万円を境目にそれ以上の限度額となると、審査通過が難しくなるといわれています。

 

加えて、消費者金融で借りている場合は、総量規制の規定により、1社50万円以上の借り入れ額の申し込みには収入証明書の提出が必須です。

 

借りられる金額(限度額)は信用状態は当然重要ですが、高額の設定を審査でしてもらうにはそれなりの収入が必要です。
また、消費者金融では総量規制により年収の3分の1までしか限度額は設定されません。
銀行はその限りではないので、高額の限度額設定を希望している場合は、銀行カードローンの方がオススメできます。

 

増額審査は最短即日で可能か?

 

限度額増額の際にも、カードローン審査があることは先述の通りです。

 

その際、増額申し込みをしたその日のうちに審査が完了し、実際即日中に増額した限度額まで借り入れが出来るか気になるところだと思います。

 

結論からいえば、基本的に限度額50万円までであれば、大体どこの金融機関も特に時間がかからずに最短即日増額審査をしてくれます。

 

ただし、特に消費者金融がそうですが、50万円以上での限度額への増額となると収入証明書類の提出義務が出てきます。

 

加えて、限度額50万円以上の増額で、尚且つ他社にも50万円に近い残高があるとなると、最短即日増額の可能性は低くなってきますし、増額審査自体の通過も難しくなってきます。

 

トップ

 

カードローン限度額増額の方法は?

 

増やす

 

ここからは、自己完結。というわけにはいかない再審査が必要とされる限度額の増額の仕方について説明していきます。

 

ローンを組んだ時よりも大きい額が必要になった。そうなると、限度額増額を考えると思います。

 

しかし、一重に限度額を引き上げると言っても、借りているお金の際限を増やすわけですから簡単ではありません。

 

中にはもともと増額が出来ない契約のローンなどもあるので、そのあたりは初めの借り入れの時に注意したい点です。

 

限度額の増額には大きく分けて2つ方法があると思います。

 

限度額増額の方法
  • 契約先のカードローンの増額審査へ申し込む
  • 他社のカードローンへ申し込み新規契約する

 

一つは、現在の借入先、つまり利用中のローンの限度額を上げる為に増額審査をすること。

 

もう一つは、単純に借入先を増やして借りられる金額を増やすことです。

 

金融機関によっては、増額申し込みはネットから出来ない事があり、その場合は自動契約機などへ赴くか電話から申し込む方法が取れます。

 

借入先を増やして増額する場合は、他社に新規申し込みをする事になるので、ネット申し込みが可能です。

 

その為、簡単に増額したい場合は、もう一つ借入先を新しく増やす方が早く済むことが多いです。

 

借入総額が総量規制にかからない範囲であれば、新しい借入先に消費者金融を選んで即日融資してもらえるよう申し込みをするのが一番増額の方法として早いです。

 

今契約中なのが銀行のカードローンで、限度額の増加を急遽したい、再審査に時間がかけられない!

 

という時なんかにその銀行系列の消費者金融で足りない分をスピード融資してもらったのち、落ち着いたら元の銀行でローンを一本化(おまとめローン)。

 

というのが理想形かもしれません。

 

しかし、借り入れ件数が嵩張るのは何となく不安ですし、実際返済の管理の負担も増えることによって延滞などへのリスクが高くなることは否めません。

 

また、複数から借り入れて金額が大きい場合、イメージだけではなく、実際に信用情報の面でも不利になる可能性があります。

 

その点、同じ借入先で今あるローンの限度額増額は審査が初めよりも通りづらい可能性はあるものの、増額したことによりローンプランによっては金利が低くなるものがあったり、返済日が増えることもないので今まで通り返済していける安定感があるでしょう。

 

その代り、限度額を引き上げて使えるお金を増やした分を貸したとして、それに対して返済能力が見込めることを証明できなくてはいけません。

 

一番その根拠として単純明快なものは収入の増加でしょう。

 

その為には、収入証明書(所得証明証)の提出が必要です。

 

逆に、収入が減ったのに借りられるお金を増やしたい。なんていうのは、借りる側の都合に傾倒しすぎていて貸す側にしてみればリスクが高いため、余程ほかに担保や何かがなければ良しとしないでしょう。

 

限度額の増額に成功し、限度額設定が100〜150万円という高額になった場合、金利が低金利になります。
そういった点でも、借入先を増やすよりも一つの契約先で増額審査を受けた方がメリットがあるといえるでしょう。

 

増額も借入始め同様、信用重視!

 

はかり

 

増額審査でも新規契約じと同じく信用情報が重視されます。

 

加えて、既存の契約先で増額申請をする場合は、年収や勤続年数、雇用形態などの属性も状態が良好になっていたほうが有利です。

 

カードローン限度額の引き上げをする際、成功するポイントと失敗してしまう原因として、以下のような事柄が挙げられます。

 

増額成功のポイント

  • 信用情報に傷や異動情報がない
  • 長くローンを利用し返済遅延がない
  • 年収が上がっており収入証明書が提出可能
  • 非正規雇用者が正規雇用者になった

 

 

増額失敗の原因

  • 延滞や異動情報の記載が信用情報にある
  • 返済遅延を何度もしている
  • ほとんど利用していないローンの限度額増額
  • 他社借入件数が多い(4社以上)

 

限度額の増加については、新規で借り入れを増やすにしろ、既存ローンの限度額を引き上げるにしろ審査は避けられません。

 

時に、新規の借り入れであればよほど延滞などで信用情報に傷がなければ難なく可能でしょう。

 

利用限度額を引き上げるにはそれにプラスしてそれなりに実績を積んでいなくてはいけません。

 

とはいうものの、滞りなく借入と返済をしてローンを利用していればそれが信用実績になりますから難しいことではありません。

 

ただし、信用実績として認められるのは1年以上同じローンを使っていることが前提の場合が多いです。

 

また、始め設定した限度額であまり利用した形跡がないのに急に増額。となると貸付側に不信感を抱かせてしまうので注意しましょう。

 

時に、カードローン契約の初めの限度額設定は50万円以下が一般的な額といわれています。

 

例えば、契約した限度額が50万円よりしたの20万円だった場合、コンスタンスに借り入れ利用し、滞りなく返済をしていると50万円の限度額までは、貸付側から増額の打診が来ることがあります。

 

貸付側から「限度額を増額してローン利用しませんか?」と勧められるわけなので、もしそのような連絡があった場合はチャンスです。

 

ただし、どんな時でも本当にローン利用できる枠を追加した方がいいのかよく考えての増額を心がけることが大切です。

 

カードローンは自由度が高い為、ついついまるで自分の口座からお金を引き出しているような気になりがちですが、本来手元にないお金を前借しているという意識を忘れてはいけません。

 

カードローン限度額増額の案内が来ても、他社借り入れがある方は増額に失敗する可能性があります。
金融機関の中には、自社利用履歴のみ確認して増額の案内をしてくるところがあるので、他社のローン利用で問題があったり、借り入れ件数が嵩んでいる場合は、増額審査は逆にやめた方が良いです。
増額審査の際に、契約時より借り入れ件数が増えていたり、他者の残高が増えている場合は、下手をすると増額審査をした契約先での限度額が下げられたリ、一時利用停止にされる恐れがあります。

 

転職すぐの増額申請は避ける

 

増額を申し込む際の一つのポイントとして、転職も実は大切な点です。

 

カードローンは年収は勿論、勤務先や勤続年数も審査で精査します。

 

その為、たとえ借り入れ利用者側としては良い条件での転職だとしても、貸付側としては年収や勤続年数がリセットされてしまうので、今後の返済能力の見通しがつきにくくなります。

 

例え、借り入れ側としては転職したことで年収の増加が見込めても、カードローンではその年収が安定した金額かどうかが重要なのです。

 

もしカードローンの増額を考えている場合は、転職をする前になるべくするのが良いといえます。

 

複数ローンがあるならおまとめで増額!?

 

時に、もし借入先が2〜3社あるなら、通常の銀行カードローン(おまとめ可能な)へローンを一本化して限度額を高くするという手もあります。

 

それって増額じゃなくてただの借り換えでは?と思うかもしれませんが、ポイントは「通常の」銀行カードローンにおまとめすることです。

 

というのは、おまとめローンは完済する為だけにする場合と、おまとめ後もローン利用する場合の2パターンあるからです。

 

完済を目的にするなら、おまとめ後は返済一徹で、増額どころか追加借り入れも出来ない返済専用のローンを選んでおまとめします。

 

しかし、おまとめローンも可能としている通常の銀行カードローンにおまとめする場合は、契約後も繰り返し自由に追加借り入れも増額も可能です。

 

そこで考えるのが、おまとめ目的であれば限度額が高額で設定してもらえるという点です。

 

借入先が複数あって、そのなかのどれかで増額審査を受けるというのは、なかなか増額のハードルが高いでしょう。

 

勿論、銀行カードローンへのおまとのも審査が甘いというわけではありませんが、おまとめであれば借り入れ件数が2〜3社あっても変な話「当たり前の状態」として見てもらえます。

 

加えて、おまとめ先の金融機関からしてみれば、返済能力が十分であれば、他社の残高分を全て自社で借り入れ・返済して貰えるのは、利息利益を考えれば歓迎すべきことです。

 

そのような点を考えると、複数ローンがある場合は、改めて通常の銀行カードローンに、限度額が自ずと高くなるおまとめローンを申し込んだ方が希があるといえるでしょう。


関連ページ

ローン手数料節約カードローン
融資の引き出し、ローンの返済にかかる手数料を金利と関連付けてどのくらい負担を減らせるか考えてみましょう。 ローン返済が少し楽になるかもしれません。
カードローン借り換えのメリット
返済を楽にするための借り換えを返済方式の仕組みも簡単に触れながら、目的別、おすすめ借り換え先別に紹介します。
カードローン審査で微妙な属性と多重債務
カードローンの審査には年収や職業、勤続年数などの属性が大きく関わってきます。借入できるかどうかの微妙な属性と多重債務者でもローンが組めるかどうかを説明しています。
日本政策金融公庫で借入のメリット・デメリット
政策金融機関として日本政策金融公庫や日本政策投資銀行、商工組合中央金庫などが挙げられます。この中でも日本政策金融公庫は実際に借入先として視野に入れておくと返済に無理のない選択の幅の広い融資が受けられることがあります。
無利息カードローン比較
無利息期間やキャッシュバックキャンペーンのあるカードローンの比較と説明をしています。
急に借り入れ停止!?期限の利益喪失とは?
カードローンを利用していて、急に借り入れが出来なくなったりして戸惑ったことはないでしょか?期限の利益喪失が関係しているかもしれません。
カードローンの在籍確認はどのようにされる?
カードローン契約手続きに欠かせないものに在籍確認があります。在籍確認はどのように行われるのか、勤務先にカードローンの事実がバレてしまう事はないのか説明します。
カードローン契約をすると郵送物が送られてくる?
カードローン契約すると自宅へローンカードが届く場合があります。そのような郵送物をなしにすることは可能か、その方法も加えて説明します。
カードローン借入額で嘘をつくとロクなことがない!?
カードローン申し込みに際して、他社借り入れ額や件数を自己申告する項目があります。審査につかしたい一心で嘘をついた場合、どうなるか知っていますか?