無利息カードローン比較

おとく

 

初めてカードローン契約を考えている方は無利息期間利息キャッシュバックキャンペーンがあるところを利用するのがおすすめです。

 

ただし、無利息期間があるカードローンは、消費者金融での借り入れが主で金利が付く場合は18%と高めなので、出来るだけ無利息期間内だけの利用や、そのメリットが潰れないくらいの短期間での借り入れに絞った方がいいといえます。

 

無利息サービス利用がオススメな方
  • カードローン契約が初めての方
  • 短期間で少額が借りたい方

 

銀行は基本的に無利息期間を設けたカードローンのサービスはありませんが、期間限定で利息分をキャッシュバックしてもらえるキャンペーンをしているところがあるので、タイミングを見てカードローンの申し込み契約をすると良いです。

 

銀行の場合は、金利が14%と消費者金融に比べて低めなのでそれなりの期間の借り入れを見込みこんでも大丈夫ですし、期間が長い分少しでも利息額を減らしたいなら利息キャッシュバックキャンペーンを利用しない手はないでしょう。

 

以下、無利息期間のある消費者金融と銀行カードローンです。

 

無利息期間カードローン

  • プロミス 30日間無利息
  • アコム 30日間無利息
  • アイフル 30日間無利息
  • ノーローン 7日間無利息(完済日の翌月以降は再び無利息期間あり)
  • 新生銀行カードローン レイク 30日間または180日間無利息
  • ジャパンネット銀行 ネットキャッシング 30日間無利息

 

時に、無利息期間は契約日から数えて対象期間とする場合と、借り入れ日つまりお金を初めて融資してもらった日から数えて対象期間とする場合のどちらかを把握しておく必要があります。

 

契約してすぐ借り入れる場合はどちらでも同じですが、契約はしたけれど借り入れは日を置いてからという場合には、借り入れ日から数えて無利息やキャッシュバック対象となるカードローンを選択した方が対象期間をフルで利用できるのでお得です。

 

また、無利息期間内に完済をすることが出来れば、利息0円で借り入れが出来たことになるので、手数料をかけて1万円や2万円をクレジットカードでリボ払いするよりもお得といえます。

 

ただ、無利息期間サービスはどの金融機関で契約しても期間が限定されるので、その期間内で完済出来る少額で借りなくては、利息0円での完済は難しいでしょう。

 

特色のある無利息期間おすすめカードローンポイント

 

カードローン名

こんな借り入れ利用をしたい方にオススメ!

プロミス

・自分のタイミングで借り入れ、無利息期間も適用したい。
・カードローン利用中に無利息期間を復活させたい。(要ポイント会員登録)

ノーローン

・カードローンを常用するつもり。
・少額借り入れをして、その都度完済する。

新生銀行カードローン レイク

・限度額200万円以下で良い。
・借入は5万円以内で繰り返し利用したい。
・長い無利息期間が良い。

 

カードローン契約は、解約するまで完済しても繰り返し借り入れ返済が可能です。
しかし、契約時にいくらかどうしても必要な額を借りるだけ。という方もいると思います。
その様な一度きりの借り入れ利用なら、絶対に無利息期間があるカードローンがオススメです。
また、無利息期間後すぐに完済できない借り入れ残高であっても、その後は返済に徹するなら、無利息期間が適用された分の利息はカットできるので、返済期間中ずっと利息がかかるよりはお得になります。

 

無利息期間が始まるタイミング(起算日)に注意!

 

カレンダー

 

無利息期間が借り入れに適用されるタイミングを起算日といいますが、これは金融機関ごとにそれぞれ違います。

 

大きく分けて、初回契約時の翌日から無利息期間がスタートする場合と初回借り入れの翌日からの場合の2パターンがあります。

 

例えば、同じ消費者金融という括りであっても、プロミスは借り入れをした翌日から無利息適用ですが、アコムは契約をした次の日には借り入れしなくても無利息期間が始まってしまいます。

 

特に注意が必要なのが、契約の翌日から無利息期間が適用されてしまう場合(例で挙げたアコムの方)です。

 

というのは、借り入れをしてから無利息期間が適用されるのなら、確実にフルで無利息期間(30日間なら30日間きっかり)を利用できるのですが、契約の次の日には勝手に無利息期間が始まってしまうと、その日から借り入れをしなくては無利息期間を損してしまう可能性があるという事です。

 

自身のタイミングでカードローン契約後借り入れがしたい場合は、借り入れ利用をして初めて無利息期間がスタートする金融機関でのカードローン契約をお勧めします。

 

消費者金融の無利息カードローン比較

 

天秤

 

プロミス、アコム、アイフルの大手はどこも初めての借り入れ契約者に対して30日間を無利息期間として設定しています。

 

ただし、先述した対象期間がいつから始まるかというとアコムとアイフル契約の翌日から無利息期間にカウントされ、プロミス借り入れ日からの無利息期間適用となっています。

 

では、無利息期間が大手3社に比べて短いノーローンの7日間とは明らかに損なのか?といえばそうとも言えません。

 

なぜなら、ノーローンの無利息期間は初回のみではなく完済をすれば次の月からまた新たに7日間無利息期間が適用されるというシステムだからです。

 

つまり、その月内に借りた額を返済日までに完済すれば翌月もまた初めの7日間は無利息で借り入れが出来、それを続ける限り何度でも無利息期間の利用が可能なのです。

 

その為、少額の借り入れを毎月一度や2〜3カ月に一度というように、ずっと借り入れ・返済を短いスパンで繰り返していくなら、ノーローンの無利息期間は便利といえます。

 

また、複数回無利息期間を受けるなら、プロミスでもポイント会員登録をして、プロミスポイントを貯める事で無利息期間を復活させることが可能です。

 

プロミスポイントを利用して得られる無利息期間は、7日間(250ポイント)、15日間(400ポイント)、30日間(700ポイント)の中から、ポイントの範囲で選択可能です。

 

消費者金融からの借り入れは、金利負担が銀行よりも重いため短期で完済するのが望ましいですが、長期化しそうな場合は、プロミスでポイントを貯める前提で借りるのも賢い借り入れ方法の一つでしょう。

 

カードローン契約が初めての人は、消費者金融であればどこでも無利息期間があると思っている方もいるかもしれませんが、それは間違いです。
消費者金融でも大手ではモビットが、加えて中小消費者金融では無利息期間サービスは取り扱われていません。
また、ここで紹介しているように一重に無利息期間サービスといっても、サービス内容が各々違うのでしっかりローン内容を吟味することが重要です。

 

新生銀行 レイクは銀行カードローンは独自の無利息期間あり?

 

女性

 

銀行カードローンには珍しい無利息期間サービスがある新生銀行カードローンレイク

 

しかも、同時併用は出来ませんが2つの無利息期間があります。

 

一つは、大手消費者金融と同じく30日間の無利息期間。もう一つは、180日間という長期の無利息期間です。

 

ただし、後者の無利息期間を選ぶには、限度額が200万円以下借入額5万円までが180日間無利息期間の適用条件となっています。

 

初めてのカードローンで限度額が100万円を超えることは審査でまずないでしょうし、少額借り入れ希望なら5万円で十分な方もいると思います。

 

加えて、約6カ月間(180日)は5万円以下であれば無利息なので、その間に借り入れがなくても生活できるように金銭状況を立て直すことは、それなりに可能だと思います。

 

例えば、引っ越しの初期費用など一時的にお金がかかって、2〜3カ月間は貯金に余裕がないので、その間だけ借りたい。などという場合に180日間無利息は役立つことでしょう。

 

そういった方には、新生銀行カードローンレイクが一番のおすすめです。

 

ところが、レイクは銀行カードローンの中では上限金利で見ると少し金利が高めな為、長期の利用の場合は完済に向けた総支払額も考えて他の銀行カードローンの方が良い場合があります。

 

若しくは、無利息期間が終了して、最低1年間利用したら、低金利になる銀行カードローンへ借り換えを検討するのも一つ方法です。

 

地方銀行カードローンの利息キャッシュバック

 

利息のキャッシュバックを行っているのは主に、地方銀行カードローンが多いです。

 

例えば、静岡銀行カードローン セレカは、契約日から数えて最大45日間(翌月または翌々月の返済日前日まで)借り入れにかかった利息が翌月の返済日にインターネット支店普通預金口座に振り込まれる仕組みのキャッシュバックキャンペーンを行っていました。

 

また、静岡銀行は地方銀行カードローンですがインターネットバンキング利用で全国対応しています。

 

不定期ではありますが、大手銀行カードローンよりは地方銀行カードローンの方が、利息キャッシュバックキャンペーンを開催していることが多いです。

 

地方銀行カードローンの金利は、大手銀行カードローンとそこまで差がありません。

 

その為、短期の銀行カードローン利用の際は、利息キャッシュバック中の地方銀行を狙ってカードローン申し込みするとお得度が高いといえます。

 

ジャパンネット銀行ネットキャッシングの無利息期間はどう?

 

新生銀行カードローン レイク以外に無利息期間サービスを常時行っている銀行カードローンに、ジャパンネット銀行ネットキャッシングが挙げられます。

 

無利息期間は、大手消費者金融と同じ最高30日間無利息となっています。

 

ジャパンネット銀行ネットキャッシングも、上限金利が18.0%と割高なので無利息期間があるとはいえ、長期の利用は避けた方が良いでしょう。

 

また、ジャパンネット銀行でカードローン契約するには、ジャパンネット銀行口座が必須となります。

 

その為、借り入れ始めの融資が口座を持っていないと、早く受けることが出来ません。

 

その点を考慮すると、金利が変わらないなら、カードローン申し込み時の利便性が良い新生銀行カードローン レイクや消費者金融へ申し込んだ方が無難かもしれません。

 

ただ、ジャパンネット銀行口座がある方は、最短60分で融資がしてもらえるので、借り入れを検討するのも良いでしょう。

 

無利息期間利用1年後に借り換えもアリ?

 

ちなみに、借り入れ額からして返済期間が長くなりそうな場合も、無利息期間のあるカードローン契約をしてはいけないことはありません。

 

ただ、どうしても無利息期間がサービスとして常にある金融機関のカードローンは金利が高めなので、無利息期間を利用した後は低金利借り換えを検討した方が良いといえます。

 

無利息期間分の利息がカット出来、しばらくして低金利に借り換えることで大分利息を抑えることが出来ます。

 

しかし、カードローン契約してすぐ、無利息期間だけ利用して借り換え!と借入側の都合の良いようにばかりはいきません。

 

カードローン借り換えは、基本的に既存の借入先で最低1年は借り入れ・返済をしてからした方が、うまく借り換え審査に通過できる可能性が高いです。

 

短期間で借り換えをすると、貸し付け側としては借り換えの意図を図りかねることがありますし、短期の利用では正直利息が十分に得られませんからあまり良い顧客とはいえないでしょう。

 

それよりは、無利息期間のあるカードローンを1年間ほど利用して、その分のローン利用実績を積んだうえで、借り換えをした方が借り入れ履歴として良好と判断されやすいです。

 

中小消費者金融に無利息期間はない?

 

無利息期間があるのは、上記の通り主に大手消費者金融または一部の銀行が不定期に行っている利息に関するキャンペーンのみです。

 

それ以外で今のところ無利息期間がある金融機関は見受けられません。

 

消費者金融には中小消費者金融もありますが、大手に比べ資金力が劣ることは否めませんから、無利息期間を扱っているところはありません。

 

加えて、一定期間限定ではなく、借り入れ中ずっと無利息といったような破格な貸付条件を提示しているのは、まず正規の業者ではないでしょう。

 

無利息で借りることにこだわり過ぎて、闇金などの違法業者を利用したところで、利息以外の名目で正規業者の金利以上の金額を取られては元も子もありません。

 

あくまで、無利息期間は一定期間のみというのが常識ですから、定められている日数を上手く利用して借り入れ・返済をすることを考えましょう。

 

なぜ無利息期間サービスはあるのか?

 

ところで、利息はカードローンを扱っている金融機関の利益であるはずなのに、なぜ無利息期間を設けているか不思議に思いませんか?

 

ハッキリ言ってしまえば、無利息にするという事は金融機関的にはその分利益が少なくなるので損です。

 

しかし、先述もしたように無利息期間は一定期間限定ですし、原則は初めて契約する方のみに適用されます。

 

その為、少しの間だけ損をしても、金融機関はカードローンの新規顧客を獲得したい思惑が察せられます。

 

また、人間いざという時にお金が借りられる手筈が整っていれば、無利息期間でなくても借り入れをしますから、無利息期間の損を金融機関は優に取り戻せるのです。

 

無利息期間は期間限定ですが、カードローンは解約しない限り無期限で利用できます。

 

つまり、その間に顧客が利息の出る借り入れをしてくれる可能性に賭けて金融機関は無利息期間サービスを設けているのです。


関連ページ

ローン手数料節約カードローン
融資の引き出し、ローンの返済にかかる手数料を金利と関連付けてどのくらい負担を減らせるか考えてみましょう。 ローン返済が少し楽になるかもしれません。
カードローン借り換えのメリット
返済を楽にするための借り換えを返済方式の仕組みも簡単に触れながら、目的別、おすすめ借り換え先別に紹介します。
追加融資と限度額増額の方法について
カードローンで借入金を増やす際の、追加融資と限度額引き上げの違いに簡単に触れ、増額の方法を紹介します。
カードローン審査で微妙な属性と多重債務
カードローンの審査には年収や職業、勤続年数などの属性が大きく関わってきます。借入できるかどうかの微妙な属性と多重債務者でもローンが組めるかどうかを説明しています。
日本政策金融公庫で借入のメリット・デメリット
政策金融機関として日本政策金融公庫や日本政策投資銀行、商工組合中央金庫などが挙げられます。この中でも日本政策金融公庫は実際に借入先として視野に入れておくと返済に無理のない選択の幅の広い融資が受けられることがあります。
急に借り入れ停止!?期限の利益喪失とは?
カードローンを利用していて、急に借り入れが出来なくなったりして戸惑ったことはないでしょか?期限の利益喪失が関係しているかもしれません。
カードローンの在籍確認はどのようにされる?
カードローン契約手続きに欠かせないものに在籍確認があります。在籍確認はどのように行われるのか、勤務先にカードローンの事実がバレてしまう事はないのか説明します。
カードローン契約をすると郵送物が送られてくる?
カードローン契約すると自宅へローンカードが届く場合があります。そのような郵送物をなしにすることは可能か、その方法も加えて説明します。