ネット銀行カードローンのメリット・デメリットとは?

PCオペレーター

 

銀行には、お馴染みのメガバンクや地方銀行の他に、インターネットでの取引を主体とするネット銀行があります。

 

ネット銀行は、インターネット上で営業しており全国からの申し込みに対応している、無店舗の銀行です。

 

ネット銀行でも、メガバンクや地方銀行同様にカードローンを取り扱っています。

 

ネット銀行カードローンの主な特徴

  • 契約手続きがネット完結可能
  • ATMと振り込みの両方で借り入れが可能
  • 少額借り入れでは金利が高め
  • 即日融資には向かないが借り換えに対応

 

ネット銀行カードローンの主な特徴4つは、それぞれメリットとデメリットに2つずつ分けることが出来ます。

 

ネット銀行カードローンのメリットは?

 

申し込みから融資までがネットで完結!WEB完結とは?

 

ネット銀行カードローンの一番の特徴といえば、どの銀行でカードローン契約をする場合も、WEB完結が可能だという事です。

 

WEB完結契約をする場合、ネットから申し込みをし、必要書類などはスマホなどで撮影して画像で送ります。

 

審査結果は電話やメールで行われ、通過後もネットから振り込み融資の申請をすることで、借り入れが完了します。

 

その為、基本的には自宅やオフィスなどから一歩も外に出ずにカードローン申し込み〜契約締結が可能です。

 

ローンカードや契約書類は、申し込み後日郵送されてくるので、店舗や自動契約機まで取りに行く必要もありません。

 

また、大手銀行カードローンや消費者金融カードローンでは、返済に関しても口座引き落としやネット完結(インターネット返済)使用と思うと、契約先の銀行口座や特定の銀行口座でなくては出来ない場合があります。

 

ところが、ネット銀行のカードローンでは、振り込み融資も口座引き落としやインターネット返済も対応可能な金融機関口座の幅が広く、大抵の口座がネットバンキング機能で利用・管理可能となっています。

 

ネットキャッシング(振り込み融資)と現金引き出し両方可能?

 

ネット銀行というからには、当然基本的にはネットキャッシングの利便性が高いです。

 

ネットキャッシングは、ネットバンキング機能を利用して、契約先に希望の借り入れ額を申請し、登録してある口座へ融資金を振り込んでもらい、借り入れをする方法です。

 

銀行からのネットキャッシングは、契約先の口座が必須となることが多いです。

 

その点、ネット銀行が契約機である場合は、利用する口座が必ずしも契約先の物でなくても良い事が多いので、ネットキャッシングでの借り入れに特化しているといえます。

 

また、ネット銀行カードローンはネットキャッシングも出来ますが、ローンカードでの借り入れも可能です。

 

契約後は、必ずローンカード(またはローン機能付帯のキャッシュカード)が発行されるので、申し込みをWEB完結でしてもATMからの現金での借り入れも可能です。

 

消費者金融ではWEB完結契約をすると、カードレスとなり、再発行手続きをしないとローンカードが発行されなかったり、金融機関によっては再発行すらできないこともあります。

 

ところが、ネット銀行カードローンであれば、WEB完結でのネットキャッシングやネット返済を利用しつつ、ATMからの借り入れ・返済も利用者の必要に応じて可能です。

 

両方利用できると、何が便利かといえば、一番は振り込み融資対応時間外の借り入れが困らない事です。

 

ネット銀行カードローンでは、特定の銀行口座があれば365日24時間いつでも最短即日融資してもらえることがあります。

 

ただ、口座開設不要で契約した場合は、平日14時以降や土日祝日は融資が翌営業日となってしまう可能性が否めません。

 

そんな時に、ローンカードが手元にあれば、いつでも稼働しているATMから即刻借り入れが出来ます。

 

加えて、ネット銀行は手数料無料で利用できる提携ATMが豊富なのが特徴で、コンビニATMも手数料無料で利用できることが多いです。

 

コンビニATMであれば、原則、365日24時間稼働していますから、いつでも都合の良い時に借り入れが可能といえます。

 

金利と融資スピードにデメリットあり?

 

ネット銀行カードローンは金利が高め?

 

銀行カードローンといえば、消費者金融よりも低金利なのが魅力の一つであり、メリットです。

 

しかし、ネット銀行が取り扱っているカードローンの金利は、残念ながら消費者金融と同等なローンも少なくありません。

 

その為、ネット銀行とメガバンクのカードローン金利と比べると、ネット銀行の金利は若干高めの設定になっています。

 

主なネット銀行カードローン金利

  • オリックス銀行カードローン=年1.7〜17.8%
  • じぶん銀行カードローン=年2.2〜17.5%
  • ジャパンネット銀行ネットキャッシング=年2.5〜18.0%
  • 住信SBIネット銀行Mr.カードローン(スタンダードコース)=年8.39%〜14.79%
  • 楽天銀行スーパーローン=年1.9〜14.5%
  • イオン銀行カードローンBIG=年3.8〜13.8%

 

ネット銀行カードローンの中なら、楽天銀行スーパーローンやイオン銀行カードローンBIGの金利がわりと低めです。

 

ただし、この2行は最短即日審査や最短即日融資可能と一応しているのですが、同行の口座がない場合、借り入れまでに時間がかかる傾向にあるので、なるべく早く借りたい方にはあまりオススメしません。

 

メガバンクのカードローン金利

  • 三井住友銀行カードローン=年4.0〜14.5%
  • みずほ銀行カードローン=年2.0〜14.0%
  • 三菱東京UFJ銀行カードローン バンクイック=年1.8〜14.6%

 

ネット銀行カードローンの中には、金融機関が提示する他サービスとの併用で金利優遇が適用されることがあります。
ところが、正直なところ0.1〜0.5%ほどの引き下げだけでは利息額はそこまで変わりません。
0.5%引き下げが適用される条件も限度額設定が100万円ちょうどの場合のみ、というような簡単には満たせない条件になっていることも多いです。
もし、低金利でのカードローン利用が希望なら、やはりメガバンクもしくは低金利な地方銀行で借り入れを検討することをオススメします。

 

カードローン審査で限度額設定が高額になるなら、ネット銀行カードローンでも低金利になる可能性はあります。

 

しかし、基本的に100万円以下の借り入れの場合上限金利が適用されますから、ネット銀行カードローンで少額借り入れを検討している場合は金利の高さに注意が必要といえるでしょう。

 

住信SBIネット銀行Mr.カードローンにはプレミアムコースがあるけど

 

住信SBIネット銀行のMr.カードローンはコースによって金利が変わり、プレミアムコースであれば年0.99%〜7.99%の金利なので、とても低金利です。

 

しかし、カードローンのコースは借り入れ希望者が選べるのではなく、カードローン審査で決まるので、Mr.カードローンのプレミアムコースの金利が適用されるかどうかは微妙なところです。

 

基本的にカードローン金利平均以下の低金利で借り入れをしようと思うと、信用情報に問題がないのは勿論、属性値も高くカードローンを取り扱っている金融機関の他のサービスも扱っていないと難しいといえます。

 

変に期待してカードローン申し込みをして、審査落ちの履歴が付くよりは、手堅く安全なカードローン申し込みをした方が無難といえるでしょう。

 

ネット銀行カードローンでは申し込み当日の借り入れが難しい?

 

ネット銀行は基本的に有人店舗も自動契約機もありません。

 

その為、WEB完結契約で最短即日融資条件を満たしていない場合は、申し込み当日の借り入れは出来ないといえます。

 

また、WEB完結といえば、融資は振り込みとなりますから、金融機関が振り込みに対応している時間内に、カードローン契約手続きと振込申請手続きを完了させる必要があります。

 

ところが、他にもネット銀行カードローンでの申し込み日に即日融資が叶わない原因があります。

 

それは、ローンカードもしくはキャッシュカード(ローン機能付き)が郵送されてからしか借り入れが出来ないことがある点です。

 

というのは、ネット銀行も銀行なので、基本的に銀行カードローンと同様、契約書類が郵送となるからです。

 

加えて、まだ自動契約機があれば、そちらからローンカードの類も契約書もそこから発行して即日中に手元におけますが、先述もしたように自動契約機を有しているネット銀行はありません。

 

郵送はその日の内には出来ませんから、どうしても契約書とローンカードが手元に来るのに早くても2〜3日以上はかかります。

 

最短即日融資を希望の場合は、ネット銀行カードローンではなく、自動契約機を有している銀行でのカードローンの方が即日借り入れできる可能性が高いといえます。

 

借り換え・おまとめに利用可能なカードローンが多い?

 

ネット銀行カードローンは、最短即日融資には向きませんが、借り換えやおまとめ目的での借り入れが可能であることが多いです。

 

その為、消費者金融複数社からの借り入れをおまとめする先としてはオススメできます。

 

また、口座開設がまったく不要であったり、初回融資に限り借り入れ側指定の金融機関口座へ振り込みをしてくれるところがあります。

 

カードローン借り換え時に、口座開設手続きまでするのは正直面倒ですから、そういった点でも借り換え・おまとめ向きといえるでしょう。

 

ネット銀行の通常カードローンにも借り換え可能であることが多いですが、借り換え・おまとめ用のローンプランを別に扱っている所も多いです。

 

その場合、契約するネット銀行によっては、通常カードローンを借り換え目的で利用するよりも、借り換え・おまとめ用の別プランの方で借り換え契約をした方が低金利で済む場合があります。


関連ページ

静岡銀行のカードローン付帯マイカーローンについて
金利や限度額などの基本情報に限らずカードローンを利用するにあたって、様々なパターンでより使いやすく、便利に、お得にローン契約が出来るような情報を記載しています。
アコムでバレない借り入れをする方法
アコムの自動契約機むじんくんとWEB申し込みを使っての契約で、自宅郵送物をなしに出来るんです。
ローン利用をネットでするならデビットカードが便利!?
ネットキャッシングを利用する上でデビットカードがあると便利な点を説明します。
スルガ銀行リクルート支店カードローンはポイントあり?
スルガ銀行のリクルート支店が取り扱っているカードローンではリクルートポイントが貯められます。詳細を説明します。
モビットでカード発行契約するメリットはある?
モビットはWEB完結契約が有名ですが、ローンカードを発行しての契約も出来ます。カード発行契約をモビットでするメリットがあるのか説明します。
地方銀行・第二地方銀行でカードローンに違いはあるのか?
昨今は地方銀行のカードローンも大手に劣らず人気ですが、地方銀行と第二地方銀行で違いはあるのか?そもそも地方銀行カードローンのメリットは何か・説明します。
スマホATM取引で本当のカードレスキャッシング!?
最近セブン銀行が始めたスマホATM取引というサービスを知っていますか?このサービスでカードローンの利用も便利になるかもしれません。
三井住友銀行口座がカードローン契約で役に立つ?
大手銀行の三井住友銀行の口座は、カードローン契約を検討する際にあると一番便利な銀行口座といえます。その理由について説明します。