リクルートポイントが付くスルガ銀行カードローンとは?

 

カードローンというと、お金を借りて返済をしていくだけのもの。というのが一般的な意識だと思います。

 

実際、現在でもほとんどの金融機関が扱っているカードローンでは、基本的に借り入れ・返済のみがその機能といえます。

 

その中でも、カードローンを利用することでリクルートポイントが貯まる珍しい銀行カードローンがあります。

 

それが、スルガ銀行リクルート支店が取り扱っているカードローンの「リクルートポイント付きリザーブドプラン」です。

 

スルガ銀行カードローンリクルートポイント付きリザーブドプラン貸付条件

金利(年利)

3.9%〜14.9%

限度額

10万〜800万円

審査・融資時間

最短1分回答。平日8:30〜19:00までに申し込みで原則即日回答。

12時までに契約手続を完了で最短即日融資可能。

申し込み条件

20歳以上70歳以下で、安定した収入のある方

 

スルガ銀行は地方銀行ですが、全国対応しているのでどの地域にお住まいの方でも申し込み出来ます。

 

専業主婦(主夫)の方も配偶者の方に収入があれば、スルガ銀行カードローンリクルートポイント付きリザーブドプランに申し込み可能です。

 

加えて、最高限度額800万円というのは地方銀行カードローンには珍しい高額の取り扱いといえます。

 

また、スルガ銀行の口座がなくてもカードローン契約が可能で、他行口座宛てでも最短即日の口座振り込みにも対応しています。

 

契約後にローンカードが郵送されるので、ローンカードでのATMを利用した借り入れ・返済も可能です。

 

その際、自行ATMに加え、ゆちょ銀行やセブン銀行、E-netマークのコンビニATMなどが手数料無料で利用出来るのは、利息以外の支出が省けて嬉しい点です。

 

加えて、借り入れ希望額50万円以下であれば、原則、収入証明書不要です。

 

カードローンの貸付条件としては、リクルートポイント付きリザーブドプランと一般的な銀行カードローンにはそこまで差がありません。

 

ただし、最低返済額が1,000円(利用残高5万円以下)という点を踏まえると、少額の借り入れがし易く、カードローン初心者にも向いているといえるでしょう。

 

リクルートポイント付きリザーブドプランは、通常のスルガ銀行カードローンリザーブドプランの最低返済額よりも2,000円少額な設定額です。
通常のスルガ銀行カードローンリザーブドプランでは、残高10万円以下3,000円が最低返済額の範囲となっています。
リクルートポイント付きリザーブドプランは同じスルガ銀行の商品ではありますが、スルガ銀行リクルート支店での取り扱いとなっているので、契約内容が異なっています。

 

カードローン返済でリクルートポイントが貯まる!

 

そして一番のポイントが、リクルートポイント付きリザーブドプランでカードローン契約をするとリクルートポイントが貯められることです。

 

貯めたポイントをリクルートポイント対象店などで上手く利用すれば、実質カードローンで定められている金利よりも低金利で借り入れが出来ている事となります。

 

カードローンを利用してポイントをためるといっても、なにも難しいことや面倒な手続きはありません。

 

スルガ銀行カードローンリクルートポイント付きリザーブドプランに申し込み、借り入れに対して返済をこなしていく事で、リクルートポイントは貯まっていきます。

 

定例返済額(約定返済額)にあわせて、付与されるリクルートポイントは以下のように設定されています。

 

残高

返済額

リクルートポイント

5万円以下

1,000円以上

10pt

5万円超10万円以下

3,000円以上

30pt

10万円超20万円以下

6,000円以上

60Pt

20万円超30万円以下

9,000円以上

90pt

30万円超40万円以下

1.2万円以上

120pt

40万円超50万円以下

1.5万円以上

150pt

50万円超100万円以下

2万円以上

200pt

100万円超150万円以下

3万円以上

300pt

150万円超200万円以下

4万円以上

400pt

以降、最高限度額まで残高50万円増加毎に返済額1万円以上増額、ポイント100ptずつ増加。

750万円超800万円以下

16万円以上

1,600pt

 

ちなみに、リクルートポイントは以下のようなサービスや店舗で貯めたり使ったりできます。

 

リクルートpt

 

借り入れをするうえで、金利や限度額などをいかに好条件でカードローン契約するか考えるのは確かに大切です。

 

しかし、少し視点を変えて、お金の支出を抑えるという事も考えて、ポイントも併用して貯め利用するというのも、金銭管理の見直しや節約に繋がります。

 

また、クレジットカードには抵抗感があるという方は、特にポイントという面で損をしていることが多いです。

 

カードローンであれば、お金は現金で借り入れが可能ですから、カード決済をする必要はありませんし、スルガ銀行のリクルートポイント付きリザーブドプランならポイントが貯まるので、現金主義の方にもお勧めできます。

 

リクルートポイント付きリザーブドプランは団信サービスががない?

 

通常のスルガ銀行カードローンリザーブドプランといえば、団信生命保険が付帯できるという独自のサービスがあります。

 

万が一、スルガ銀行カードローン利用中に契約主が死亡あるいは高度障害になった場合、残高が保険金で完済されます。

 

加えて、がん保証特約もついている(2015年11月30日以降契約の方)ので、がんと診断された場合も同様にサービスが受けられます。

 

ところが、この団信保険サービスが付帯されるのは、スルガ銀行カードローンの通常リザーブドプランとなっており、リクルート支店の「リクルートポイント付きリザーブドプラン」には付帯されません。

 

意外と勘違いしてしまう方もいるようなので、注意しましょう。

 

団信保険付帯希望の方は、スルガ銀行のリクルート支店ではない方のカードローンリザーブドプランに申し込みをしてください。

 

最低返済額やリクルートプランの付与など、リクルートポイント付きリザーブドプランと通常のスルガ銀行カードローンでは比較する点が様々あります。

 

ただ、最高限度額と基準金利の範囲は、リクルートポイント付きリザーブドプランと通常のスルガ銀行カードローンで違いはないので、その点は安心してください。

 

スルガ銀行は独自のローンプランが沢山!

 

スルガ銀行は、ネット支店としてのリクルート支店が別にあることも含め、独自のローンプランを様々扱っています。

 

例えば、目的別ローンを一つとってもその内訳は、デンタルローンや空き家解決ローン、楽器・音響機器購入ローンなど多種に分かられています。

 

他にも、リクルート支店であれば、ゼクシィ結婚式費用立て替えプランやSUUMO提携リゾートローンといった専門会社との提携ローンなどがあります。

 

また、スルガ銀行リクルート支店とスルガ銀行本支店では、上述した団信サービスの有無のようにサービスやローン内容に差があることが多いです。

 

例えば先述もしたように、リクルート支店のリザーブドプランでは返済でポイント付与がありますが、団信サービスの付帯が可能な本支店のリザーブドプランではポイント付与はありません。

 

逆に、本支店のカードローンはVISA機能の付帯も可能ですが、リクルート支店のカードローンにはVISA機能サービスはないです。

 

しかし、金利や限度額、申し込み可能条件などが変わらないので、正直一見しただけでは差が分かりにくくなっています。

 

その為、勘違いして思っていたような契約が出来なかった…という事がないように、それぞれのローンプラン内容をよく吟味して申し込みをするようにしましょう。

 

スルガ銀行カードローンは増額に積極的?

 

基本的に、限度額の増額は50万円であれば、返済遅延などがないなら存外簡単に増額出来ます。

 

しかし、50万円を超えての限度額増額となると、借り入れ側の状態や契約先の金融機関によっては難しくなってきます。

 

その様な限度額増額に対して、スルガ銀行カードローンはわりと積極的だといわれています。

 

というのは、地方銀行カードローンの中でも最高限度額800万円という高額の設定をしていることが、一つ理由として挙げられるでしょう。

 

そもそも、スルガ銀行カードローンは全国からの申し込みに対応はしていますが、地方銀行カードローンは大手銀行ほどの知名度がなく顧客が少ないです。

 

その為、スルガ銀行カードローンなどの地方銀行カードローンは、既存の顧客がなるべく離れていかないようにしたい傾向が強いといえます。

 

すると、大手銀行カードローンでは増額に応じられないような顧客層でも、若干のリスクを取って限度額増額に応えてくれる可能性が地方銀行カードローンにはあるわけです。

 

とはいっても、返済が遅れていたり、信用情報に問題がある場合などは、例えスルガ銀行カードローンなどの地方銀行カードローンでも増額は出来ません。

 

特にカードローン利用が問題なく出来ており、必要があるなら、スルガ銀行カードローン会員ページかコールセンターから限度額増額の申請をしてみるのも良いといえるでしょう。

 

ちなみに、地方銀行カードローンでは増額する場合は来店が必要なところもありますが、スルガ銀行カードローンの場合は電話かWEB完結で増額が可能です。

 

以前までスルガ銀行カードローンは増額審査の即日回答をしていましたが、2018年1月以降より銀行全体で即日審査や即日融資が停止となっています。
その為、どうしても即日で増額審査を受けたい場合は、消費者金融での増額を検討した方が良いでしょう。

 

スルガ銀行カードローンは基準金利を年3.9%〜14.9%、限度額を10〜800万円という範囲で提示しています。

 

上限金利の年14.9%というのは、消費者金融やネット銀行のカードローンよりは低金利ですが、同じ地方銀行でさらに低金利なカードローンは少なからずあります。

 

加えて、限度額毎に金利が何%の適用になるか詳細の適用金利と伴う限度額が公式サイトで確認出来ません。

 

その為、限度額の増額が上手くいったとしても、スルガ銀行カードローンの場合、低金利になるかどうかわからない点は少しネックといえるでしょう。

 

増額をする事で低金利化を目指す方は、スルガ銀行カードローンのまま増額するよりも借り換えをした方が、低金利になるかもしれません。

 

スルガ銀行カードローンに興味がある方にオススメの記事

関連ページ

静岡銀行のカードローン付帯マイカーローンについて
金利や限度額などの基本情報に限らずカードローンを利用するにあたって、様々なパターンでより使いやすく、便利に、お得にローン契約が出来るような情報を記載しています。
アコムでバレない借り入れをする方法
アコムの自動契約機むじんくんとWEB申し込みを使っての契約で、自宅郵送物をなしに出来るんです。
ローン利用をネットでするならデビットカードが便利!?
ネットキャッシングを利用する上でデビットカードがあると便利な点を説明します。
SMBCモビットでカード発行契約するメリットはある?
モビットはWEB完結契約が有名ですが、ローンカードを発行しての契約も出来ます。カード発行契約をモビットでするメリットがあるのか説明します。
ネット銀行カードローンは便利なのか?
カードローンの契約先は、消費者金融や大手銀行だけでなく、ネット銀行という金融機関も選択肢にあります。ネット銀行カードローンにはどんなメリット・デメリットがあるか説明します。
地方銀行・第二地方銀行でカードローンに違いはあるのか?
昨今は地方銀行のカードローンも大手に劣らず人気ですが、地方銀行と第二地方銀行で違いはあるのか?そもそも地方銀行カードローンのメリットは何か・説明します。
スマホATM取引で本当のカードレスキャッシング!?
最近セブン銀行が始めたスマホATM取引というサービスを知っていますか?このサービスでカードローンの利用も便利になるかもしれません。
三井住友銀行口座がカードローン契約で役に立つ?
大手銀行の三井住友銀行の口座は、カードローン契約を検討する際にあると一番便利な銀行口座といえます。その理由について説明します。
新しいローン!AIスコア・レンディングとは?
みずほ銀行とソフトバンク合併会社J.Scoreから人工知能でスコアリング審査が行われるスコアレンディングというローンについて説明します。