フリーローンとカードローンの違い

?

 

ローンにも色々と種類があります。
おそらく最近よく見聞きするのはカードローンという借入の方法だと思います。

 

その一つだけとっても、消費者金融や銀行などがさらに内容を細かく分けたそれぞれのサービスを取り扱っています。

 

そして、カードローンについて調べると同じ意味で使われていたり、そうかと思えば実際に金融機関では別の種類としてプランが設定されているものにフリーローンというものがあります。

 

フリーローンは銀行で契約するのが一般的でしょう。

 

その為、端的に銀行融資ともフリーローンは言われます。

 

カードローンとフリーローンの違いは、簡潔に述べるなら以下の4点です。

 

カードローンとフリーローンの違い

 

契約時に借りられる金額
契約後の追加融資の有無
貸付金利
担保と保証人の有無

 

カードローンは、主に小口融資用のローンプランで契約後、限度額の範囲で追加融資が受けられます。

 

フリーローンは、逆に大口融資にも対応可能なローンプランですが、契約後の追加融資は原則ありません。

 

金利はカードローンよりもフリーローンの方が低金利で借りることが出来ます。

 

また、フリーローンで高額を借りる場合は、金利が低いのも相まってフリーローンでは担保・保証付き契約でないと、審査通過が難しいです。

 

フリーローンとカードローンについて、さらに詳しくその違いを見ていくと、以下のような点において差があるといえるでしょう。

 

 

フリーローン=多目的ローン?

 

まずは、フリーローンそのものについて簡単に説明します。

 

フリーローンとは一般的に多目的ローンともいわれます。

 

というのは、数あるローンの中には目的別ローンといって、ある特定の物に使うための限定的な融資があるからです。

 

目的ローンは、資金用途が限られるローンなので、定められている用途以外では利用することが出来ません。

 

マイカーローンや住宅ローンなどが目的別ローンにあたりますが、前者なら車関連のみ後者は住居関連のみにしか、ローンで借りたお金は使えません。

 

つまり、その逆で名前の通り使用用途が基本的には自由で何にでも使えるのがフリーローンです。

 

一番一般的でわかりやすいのが上記のフリーローンの定義ですが、これだけがフリーローンの由来というわけではありません。

 

消費者金融や銀行でも各々扱いやサービス名などでフリーローンの扱われ方は変わってきます。

 

そのため、プラン内容をよくよく確認することをお勧めします。

 

また、カードローンも使用用途が自由である為、フリーローン(または多目的ローン)と冠されていたりすることもあり混同されがちですが、実際この二つには利用するにあたって明らかに異なる点があり別の物となります。

 

強いて言うなら、フリーローンという何にでも自由に使えるという条件のローンの種類の中にカードを使ったローンがあり、それがカードローンである。と考えていただくと多少分かりやすいかと思います。

 

カードローンでは基本的に、申し込み時に資金用途を申告するだけで済みますが、フリーローンの場合は資金用途が具体的にわかる書類が必要なこともあります。
また、カードローンでは収入証明書が不要な場合もありますが、フリローンの場合は借り入れ額や限度額に関係なく、源泉徴収票や給与明細といった収入証明書が必要であることが多いです。

 

資金用途自由でも事業性資金には利用できない?

 

時に、カードローンでもフリーローンでも資金用途の中で借り入れが出来るかどうか微妙なのが、事業資金です。

 

カードローンもフリーローンも原則、資金用途自由ではあるのですが、事業性資金としての利用は不可としている金融機関が少なくありません。

 

その理由としては、事業資金を借りるという事は、その時に事業・経営が上手くいっていないわけですから、返済に充てられる収入があるのか貸付側としては不安です。

 

その為、カードローンやフリーローンの審査に必要な情報だけでは、事業資金に関しては判断が付きにくい事もあって、事業資金はフリーローンなどとは別にビジネスローンが設けてあることが多いです。

 

フリーローンとカードローンの重要な違いは自由度!

 

大きくフリーローンが何かまとめたところで、次はカードローンとフリーローンが別物扱いになる理由につて説明します。

 

名前の通り自由が利くのでフリーローンだと簡単に上述しましたが、実際に借入れの自由度が高いのはカードローンです。

 

というのは、カードローンは契約後発行されたカードで借入限度額の内であれば好きな時に簡単に借入が出来るからです。

 

フリーローンは融資を受けた後は、借りた金額を一度完済して再度追加融資を受けるにあたって審査を受ける必要があります。

 

また、その審査がカードローンのように即日で出来ることがほとんどありません。

 

基本的に、フリーローンは限度額内で繰り返し借り入れ・返済をするのではなく、一度融資を受けたら完済までひたすら返済をすることとなります。

 

その為、借入に関してのフリーローンの自由度はカードローンに劣るかもしれません。

 

しかし、その様なデメリットしかないのなら、わざわざフリーローンなんて金融商品(サービス)としていらないはずです。

 

従って、フリーローンにはカードローンとは違うメリットが勿論あります。

 

銀行での取り扱いが多いこともあって金利がカードローンより低く済み、また借りた後は返済していくだけなので完済がしやすいです。

 

追加の融資が不自由な分ずるずると借り入れが続くことがないでしょう。

 

ただし、低金利である事もあって、約定返済以外の随時返済や繰り上げ返済に手数料がかかるフリーローンなどもあるので、その点は注意が必要です。

 

また、一度きりの借り入れではありますが、最高限度額の設定も高めであることが多く、カードローンよりも高額の借り入れの場合に利便性が高いといえます。

 

フリーローンに借り換え出来るか?

 

フリーローンの中には、カードローンの借り換えやおまとめに使えるものも、少ないですがあります。

 

ただし、カードローンからの借り換え・おまとめでフリーローンを利用する場合は、契約を希望しているフリーローンが借り換え・おまとめに対応しているかを確認する必要があります。

 

フリーローンは、カードローンよりも金利が低い貸し付け条件が多いので、審査に通れば借り換え・おまとめ先に向いています。

 

ところが、借り換え・おまとめなどでの利用は不可。としているフリーローンも少なくありません。

 

フリーローンは先述もしたように、資金用途自由な多目的ローンと一応は定義されているのですが、借り換え・おまとめや事業性資金での利用は出来ない場合があります。

 

借り換え・おまとめ利用できても、カードローンとそれほど金利が変わらないフリーローンもあったりするので、本当にフリーローンに借り換え・おまとめをした方が得になるのかよく検討する必要があります。

 

フリーローンとカードローン使いやすいのは?

 

何を中心に考えるかでカードローンとフリーローンのどちらが使いやすいかは決まってくると思います。

 

借入の自由度をとるか、借入後の完済のし易さをとるかこの2点から考えるのがいいでしょう。

 

融資までのスピードや借金としての使い勝手のよさをとるならカードローン、一括でも高額の融資と確実な返済を目指すならフリーローンが向いていると思われます。

 

また、ローン初心者は借入への不安と共に返済できるのか?という不安もあるでしょう。

 

そんな場合はやはり、返済を中心に考えて銀行のフリーローンがお勧めできます。

 

借入自体が初めてということは信用情報に傷もないでしょうし、属性(簡単に言うと身の上)に問題がなければ銀行の審査であっても通過できるかと思います。

 

銀行フリーローンの中には、貸付条件に年収の規定が設けられているものもあります。
例えば、三井住友銀行のフリーローンは年収200万円以上であることが条件として盛り込まれています。