限度額が高くないと低金利では借りられない?

希望

 

カードローンで低金利が一番の目的なら、契約先はやはり銀行カードローンがオススメです。

 

というのも、消費者金融カードローンの場合100万円未満の限度額だと18.0%の金利適用が多いですし、100万円以上でも15.0%くらいまでにしか下がらないからです。

 

その点、銀行カードローンは100万円未満の限度額でも14.0%程の金利が適用され、100万円以上となると12.0%くらいか、それよりも低い金利が限度額の高さに応じて適用されます。

 

カードローン金利は限度額によって低くも高くもなる!?

 

金利は単体で審査によって低金利になるかどうか決まるというよりも、限度額と合わせて決められることが多いです。

 

その為、限度額が高額に設定されれば、低金利になるといえるでしょう。

 

高額の限度額も低い金利も、信用情報の状態が良く属性評価が高いことで審査で決まるといえます。

 

限度額が少なくて金利が低くなくても審査に通過するだけなら、年収などの属性評価がそこまで高くなくても問題はありません。

 

ところが、高額限度額と低金利を審査で適用してもらうには、信用情報に異動情報がない事は勿論、返済遅延などによる軽微な傷もなく、平均的な属性よりも評価が高い必要があります。

 

限度額そうときまった金額内で好きに借り入れが出来ますから、十分な返済能力が審査で判断できなければ適用されません。

 

また、金利は限度額に追随して設定されているので、限度額が高額でなければ低金利で借り入れをすることは不可能です。

 

原則、金利だけ下げてもらうという事は出来ず、限度額が上がることによって低金利になるといえます。

 

ちなみに、例え限度額が高額でも、必ず枠いっぱいに借りる必要はありません。

 

限度額が例えば200万円で決まっても、10万円しか使わなくても構いませんし、限度額の内で借りる金額によって適用される金利が変わってしまう事はありません。

 

ただし、契約時に高額限度額を設定されたもののあまり長らく借り入れをしないと、限度額が下がってしまう事があります。
その際、もし金利も変わってしまうくらい限度額が減額されると、金利は高く付くようになってしまいます。

 

一桁の金利!?10%以下の低金利でカードローン契約するには?

 

低金利で借り入れをするには、限度額がなるべく高額である必要があることは理解いただけたと思います。

 

そこで、希望の金利で借りるには、どのカードローンで何円の限度額になると良いのかを吟味して契約先を選ぶ事をオススメします。

 

低金利で借りたい!と思っている方は、一桁の金利でのカードローン契約を希望していること多い事でしょう。

 

そのような一つの例として、最高限度額が高めな銀行カードローンで金利が10%以下で一桁になる限度額を以下にまとめました。

 

各銀行カードローンで金利が10%以下になる限度額

 

みずほ銀行カードローン

三井住友銀行カードローン

オリックス銀行カードローン

200万円以上300万円未満

=年9.0%

200万円超300万円以下

=年8.0%〜10.0%

300万円超400万円以下

=年4.5%〜8.8%

300万円以上400万円未満

=年7.0%

400万円超500万円以下

=年6.0%〜7.0%

400万円超500万円以下

=年4.5%〜8.8%

400万円以上500万円未満

=年6.0%

500万円超600万円以下

=年5.0%〜6.0%

500万円超600万円以下

=年3.5%〜5.8%

500万円以上600万円未満

=年5.0%

600万円超700万円以下

=年4.5%〜5.0%

600万円超700万円以下

=年3.5%〜5.8%

600万円以上800万円未満

=年4.5%

700万円超800万円以下

年4.0%〜4.5%

700万円超800万円以下

=年1.7%〜4.8%

800万円=年2.0%

-

-

 

一桁の金利が適用される限度額は最低でも200〜300万円といえるでしょう。

 

その為、一桁の金利が適用されるくらいの高額を審査で設定されるには、年収が500万円以上はないと難しいです。

 

消費者金融は、総量規制による年収の3分の1の制限があるので、低金利な限度額が適用されるのにより高い年収である必要があります。

 

銀行カードローンはその範囲ではありませんが、一応年収の2分の1くらいまでという基準があるといわれています。

 

10%以上の金利との利息差はどれくらいなのか?

 

一桁の金利と10%以上の金利では、具体的な金額としてどれくらい利息差があるか知りたい!という方もいるでしょう。

 

そこで、オリックス銀行カードローンの限度額とそれに伴う金利を例に、実際の利息額をそれぞれ計算して比較してみました。

 

オリックス銀行カードローンで一桁の金利が適用される限度額と、10%以上の金利が適用される限度額の時の利息差を計算し比較すると以下のようになります。

 

両方とも借入額100万円を1年間借りたとして計算しています。

 

限度額300万円超400万円以下(400万円コース)
金利は年4.5%〜8.8%で8.8%
1,000,000×0.088÷365×365=88,000

 

限度額150万円超200万円以下(200万円コース)
金利は年5.0%〜12.8%で12.8%の金利適用
1,000,000×0.128÷365×365=128,000

 

金利としては4%の差なのでそこまで気にならないかもしれませんが、実際の利息額として比較すると40,000円も差があるわけですから無視できない差額といえるでしょう。