銀行カードローンも年収の3分の1しか借りられなくなる!?

困る

 

2017年になって銀行カードローンは過剰貸付が指摘され、様々な自主規制をしているのをご存知でしょうか?

 

銀行は貸金業者ではない事で、改正貸金業法が定める総量規制の適用外です。

 

その為、審査で返済能力さえ認められれば、銀行カードローンでは年収制限や収入証明書の提出義務もなく借り入れが可能でした。

 

ところが、銀行カードローンでの貸付残高は法改正後年々増えていったのに加え、2016年の自己破産件数が13年ぶりに増加したことも相まって、日弁連(日本弁護士連合会)から指摘がとうとう入ったのです。

 

2017年5月以降からは金融庁による実態調査も行われ、銀行カードローンは2017年10月現在あり方を問われています。

 

大手銀行カードローンが年収上限を設けた?

 

ごく最近の2017年10月19日には三井住友銀行、三菱東京UFJ銀行、みずほ銀行の大手銀行がカードローンにおいて年収制限の自主規制も始めた事がニュースになりました。

 

それら大手銀行カードローンでは年収制限として、借り入れ側の年収の3分の1または2分の1以上は貸さないという自主ルールを導入したようです。

 

総量規制に基づいた消費者金融カードローンでは貸付側は借り入れ側の年収の3分の1以上は貸すことが禁じられています。

 

つまり、大手銀行カードローンも総量規制の演習制限に寄せた形になるといえるでしょう。

 

ただ、年収の2分の1を上限とする銀行もあるので、依然としてカードローンで少しでも高額の借り入れをしたい場合は、銀行が主な契約先として勧められます。

 

また、現全銀協(全国銀行協会)の会長は以前から一貫して、制度としての規制は銀行に必要ないと述べています。

 

その為、銀行貸し付けにおいて、総量規制のような法的な規制が設けられる事は当分ないといえそうです。

 

しかし、あくまで自主規制である為、実際にカードローン審査が年収制限の範囲で判断されているのか、消費者は知る術がありません。

 

加えて、銀行カードローンの自主規制により審査基準が変わり、銀行だけでは十分な借り入れが出来ないとして消費者金融と又借りする利用者が増える懸念などもあります。

 

まだまだ過剰貸付の余波による銀行カードローンの動向は変動し続けるでしょう。

 

なるべく早く正確な情報を掴み、借り入れ側である消費者の方も身の丈に合ったローン利用の仕方を心がけることが大切です。

 

銀行の自主規制の内容は他にもある!

 

ちなみに、銀行カードローン過剰貸付の自主規制として、始めに顕著となったのは収入証明書の有無についてでした。

 

過剰貸付がなされて、すぐに対策された収入証明書は、銀行カードローンではそれまで200〜300万円という高額を希望額しなければ提出が不要であることが多かったです。

 

総量規制に基づいて貸付をしている消費者金融において収入証明書は、1社50万円以上他社借り入れ合わせて100万円以上の借り入れ額となる場合、提出が必須となっています。

 

そこで、各銀行は最初の自主規制として、収入証明書不要額を何百万円という設定から50万円までと改めました。

 

中には、自行口座があれば収入証明書の提出が一切不要の銀行カードローンもありましたが、最近では50万円以上の借り入れをする際は収入証明書が必要です。

 

また2017年9月には、2018年1月以降から銀行カードローンでは即日融資が禁止となる方針が打ち出されました。

 

即日融資というキーワードは、消費者のカードローンへのハードルを下げるという事で、少し前から銀行の広告などからも文言が消えていました。

 

そして来年からは、銀行カードローンは実際に即日融資対応不可となるのです。

 

ただ、即日融資は元々消費者金融の方が精度が高く、昔の銀行融資と同じスピード感に戻るだけともいえます。

 

ところが、即日融資禁止の目的は過剰貸付対策よりも、反社会勢力や犯罪者の銀行融資利用の対策といえるでしょう。

 

というのは、銀行カードローンが2018年1月以降即日融資出来なくなるのは、審査の際に警視庁のデータベースに借り入れ側の情報を照会する過程が追加されるからです。

 

その為、審査完了までに時間がかかり、融資までに数日かかるようになる予定となっています。

 

銀行の自主規制は法律規制を敷かれない為の駆け引きではないか?ト銀行カードローンの過剰う貸付を批判する声は多いです。

 

しかし、中には銀行からの借り入れにも法規制がされたら、また不況になるのではないか?と今後の金融情勢を不安視する声もあります。

 

何とか大きな問題なく、早く過剰貸し付け問題が終着する事を祈るばかりです。