カードローン返済方法の種類は?

ポイント

 

借り入れに際して、限度額や利率も大切ですが返済についても理解していると借りた後で、返済が思ったより厳しい…なんていう後悔や失敗をしなくても済むと思いませんか?

 

ここでは、利用が一般的なカードローンの返済方法について簡単にまとめました。

 

カードローンの返済の仕方は?

 

カードローンは、毎月1回必ず決まった日に、借入残高に対応する金額を返済します。

 

それを約定返済といい、借り入れ残高毎に決められた返済額は、約定返済額といわれます。

 

約定返済額は、借り入れ残高に合わせて最低限毎月返済しなくてはいけない金額です。

 

同じ残高でも約定返済額の設定は、金融機関によって異なります。

 

毎月の約定返済をするにあたって、返済の仕方は色々と種類があります。

 

一番主流なのは、ローンカードでATMから返済する方法といえるでしょう。

 

しかし、昨今はそれ以外にも返済の仕方はありますし、契約先によっては独自の返済方法を用意している場合もあります。

 

カードローン返済方法種類
  • ATM返済
  • 口座振替(口座引き落とし)
  • インターネット返済
  • 銀行振り込み
  • コンビニメディア端末(コンビニ払い)

 

以上の中で、一番返済遅延の恐れが少ないのは口座振替といえます。

 

というのは、返済方法を口座振替にすると、約定返済日に自動で登録した口座から必要な返済額が引かれるからです。

 

また、基本的にどの金融機関のカードローンでも口座振替での返済の場合、手数料がかかりません。

 

ATM返済では提携ATMを利用した際に、利用手数料がかかることがあるので、その点も口座振替返済のメリットといえるでしょう。

 

似たような要領で、且つ手数料もかからないのがインターネット返済ですが、意外と対応していない金融機関があります。

 

インターネット返済の場合は、ネットバンキング機能を利用し、約定返済日に合わせて自身で返済する必要がありますが、約定返済日以外でも繰り上げ・随時返済がネットから出来るという利便性があります。

 

  • 随時返済=約定返済日かどうかにかかわらず、別の日などに任意で返済をすること。
  • 繰り上げ返済=随時返済でも、約定返済日よりも前に返済をすること。

繰り上げ返済に関しては、契約先の金融機関によっては繰り上げ返済期間が設けられています。
その期間内に約定返済額以上の金額で返済をすると、直近の約定返済日が翌月の約定返済日にズレます。
また、随時返済も繰り上げ返済も、約定返済額より多い金額で返済をした場合、多い額分は元金(借りた金額自体)の返済に充てられ利息分は引かれません。

 

口座振替返済では、繰り上げ・随時返済に対応していないことが多いです。

 

ちなみに、インターネット返済は銀行振り込みと似たような仕組みでもありますが、前者は振り込み手数料がかからない事が多く、後者は原則振込手数料がかかります。

 

銀行振り込みでの返済では、その様に振込手数料がかかるので、他に手数料がかからずに済む返済方法が選択できるなら、その他の方法を選ぶ事をお勧めします。

 

あまり知られていない返済方法として、コンビニメディア端末を利用して、コンビニのレジで精算(返済)する方法がありますが、意外と便利な方法です。

 

チケット購入の時などに使うコンビニの機械(LoppiやFamiポート)にローンカードを読み込ませ、画面に従って進めていくと返済額が印字された伝票が発行されます。

 

その伝票をレジに持っていき、所定の金額を支払う事で返済が完了します。

 

その際、伝票からローンの返済であると店員に知られることはありませんし、手数料がかかることもありません。

 

近くに利用手数料無料のATMなどがない場合には、コンビニメディア端末機の利用も便利といえるでしょう。

 

以上が、基本的なカードローンの返済の仕方です。

 

時に、返済の仕方ではなく、返済する金額と残高の減り方にも種類があります。

 

カードローンは分割払い(リボルビング払い)が基本?

 

カードローンの返済は、端的にいえば分割払いでしていきます。

 

10万円以下の借り入れの場合は、直近の約定返済日に一括返済してしまう事もありますが、それ以上の借り入れの場合は基本月一での分割払いになるでしょう。

 

分割払いでの返済といえば、クレジットカードの支払い方法でもあります。

 

分割払いは、返済方式としてはリボルビング方式とも言われ、借入残高の増減に関わらず、毎回の返済時に決まった額を収めていくといった返済方式の中でも一番単純な仕組みです。

 

返済方式とは、返済方法とは別もので、元金と利息の割合及び合計した際の総残高の返済の仕組みのことです。
元金・元利、定額・定率など大きく4パターンがリボルビング方式と組み合わせられ、昨今のカードローンの返済方式としてそれぞれ成り立っています。

 

しかし、ただ残高を分割で返済していくだけでは、利息負担が余計にかかったりする場合があります。

 

というのは、追加借り入れしたとして、リボルビング方式で毎度返済している額が、借りた金額よりも低い場合どんどん借入残高は増え、約定返済をしているだけではなかなか減っていかなくなるからです。

 

そうしてよくあるのが、クレジットカードリボ払いの多用で、全然債務が減らず、利息だるまになって返済不能になる

 

その為、カードローンの実際の返済方式においては、借入側の返済負担がなるべく重くならない仕組みがプラスされた分割払いになっています。

 

カードローンでは、ベースは同じ分割払い(リボルビング方式)でも、残高スライド元利定額方式が多くの金融機関で採用されています。

 

残高スライド元利定額方式の特徴は、残高の増減に伴って返済額も変わる事で、借り入れ額に見合った最低限の返済額での支払いができる点です。

 

その為、単にリボルビング方式で返済していくだけよりも、利息が嵩み返済期間が間延びしてしまうリスクが低いといえます。

 

ちなみに、元利定額方式とは、金利が一定なわけではなく、元金に利息を乗せた額を一定の返済額としている返済方式です。

 

実際にどのような返済方式が銀行や消費者金融のカードローンで採用されているか、以下にまとめました。

 

各銀行・消費者金融の返済方式

 

金融機関(カードローン)名

返済方式

オリックス銀行カードローン

残高スライドリボルビング方式

新生銀行カードローン レイク

残高スライドリボルビング方式

元利定額リボルビング方式

三井住友銀行カードローン

残高スライド元利定額

静岡銀行カードローン セレカ

残高スライドリボルビング方式

千葉銀行 ちばぎんカードローン

残高スライド方式

アコム

定率リボルビング方式

モビット

借入後残高スライド元利定額方式

プロミス

残高スライド元利定額返済方式

 

上記に挙げた金融機関のカードローン返済方式は一見すると名称が違うように思いますが、新生銀行カードローン レイクの一方の方式とアコム以外は基本的に同じ返済方式です。

 

新生銀行カードローン レイクの提示する返済方式の一つの元利定額リボルビング方式とは、先述した元利均等方式とリボルビング方式だけが合体したものです。

 

その為、残高の増減に毎度の返済額が左右されることなく定額で返済することになります。

 

アコムの定率リボルビング方式は、残高に一定の割合をかけることで返済額を割り出すものとなっています。

 

アコムで定める割合は、極度額100万円以下の場合に4.2%、100万円以上の場合は3.0%と設定しています。(千未満の端数は切り上げ)

 

ちなみに、定率をかけるのは元金ではなく元利なので、本来は元利定率方式がアコムの返済方式といえます。

 

時に、残高スライド元利定額方式でもモビットは「借り入れ後」と付いていますが、これはどういう意味かといえば、残高が変わった後に借り入れを一度することで返済額が再設定される仕組みであることを指しています。

 

リボルビング方式のデメリットを返済の仕方で補う

 

以上のように、名称からは省かれていることもありますが、カードローンの返済方式はどれもリボルビング方式が基になっています。

 

残高スライド方式と掛け合わせることによって、借入額に対して低すぎる金額での分割返済になってしまい、利息が嵩みすぎるリスクはある程度回避可能です。

 

しかし、それでもカードローンの返済で約定返済額を払っているだけでは、完済までに時間がかかりその間の利息もかかります。

 

その為、約定返済だけをこなすのではなく、最初の方で述べた、繰り上げ返済や随時返済をなるべく心がけることをオススメします。

 

毎月毎月約定返済と繰り上げ・随時返済両方をするのは厳しいと思いますから、2ヶ月か3ヶ月に一度でも約定返済以外にも返済をするというペースでもしないよりは良いです。

 

もっとザックリいうなら、お金に余裕があるときで良いので、約定返済額とは別にプラスして、千円でも多く返済するようにしましょう。

 

ただ、「お金があるときに」と大まかに思っていると、なかなか出来ない事でしょうから出来れば、何カ月に一回は繰り上げ・随時返済する。というようにある程度指標を決めておくことをオススメします。