格安スマホとは?

格安

 

格安スマホが少し前から流行り、人気となってきています。

 

格安スマホとは、格安SIMを利用できるスマホのことを一般的にいい、SIMフリースマホなどとも言われます。

 

ただ、格安スマホの要はSIMの方にあります。

 

SIMとはスマホに入っているSIMカードのことで、利用者が取り出すことも一応可能です。

 

大体、スマホの側面に挿入口があるのですが、スマホ購入時に一緒に入っている専用のピンを穴に入れなくてはカードは出てきません。

 

意外とそのピンをなくす方が多いです。

 

サイト管理者も失くしました。芯を出さない状態のシャーペンを突き入れたら空きましたが、なるべく真似しない方が良いと思います。

 

もし、格安SIMへの転換を考えている場合は、まずその付属のピンを探す、又は用意するところから始めることをオススメします。

 

最近のスマホ用のSIMカードは1センチあるかないかぐらいの小さなものです。

 

しかし、その小さなチップがなくては、スマホでデータの通信や通話が出来ません。

 

ちなみに、少し前まで主な携帯キャリアはスマホ契約時に自社利用のSIMにロックをかけていたので、例えばauで契約したスマホに他社のSIMカードを入れて利用することは出来ませんでした。

 

ところが、2015年5月以降から総務省のお達しで、利用者からの希望があった場合、キャリアはSIMロックに応じることを義務付けられました。

 

そうして流行ったのがSIMフリースマホと格安SIMを併用した、所詮格安スマホです。

 

格安スマホは何が格安なのか?

 

ひたすら格安!格安!と説明されてもどういった点が、何と比べて安いのか分からない!と思われるかもしれません。

 

格安スマホは、一般的な今までの大手携帯キャリア会社でスマホを利用するよりも、月額料金が安い点が格安といわれる主な点です。

 

ところが、それは格安SIMを利用する前提で料金が安くなるという仕組みです。

 

そもそも、au、ドコモ、ソフトバンクなどのキャリアでは格安SIMは手に入りません。

 

スマホはSIMフリー化が義務付けられたので、大手キャリアでもSIMフリースマホを手に入れることは出来ます。

 

では、格安SIMはどこで手に入れるか?といえば、今ではどこでも手に入るといえるでしょう。

 

特に、ネットで探せば最近TVCMでも見かけるようなMVNO(通信業者)から、聞いたこともないような会社まで扱っていることもあります。

 

また、大手キャリアでスマホを購入してからSIMフリーにするのではなく、SIMフリーのスマホと格安SIMをセットで販売しているMVNOで契約と一緒にすべて揃えることも出来ます。

 

その際、セットのスマホは有名機種の価格よりも安価となっていることからも、格安スマホといわれるわけです

 

格安スマホのメリット・デメリットは?

 

スマホ

 

メリット

  • スマホと契約先(SIM)のカスタマイズが自由。
  • 月額料金が安くなる可能性がある。
  • 料金プランが単純。
  • 2年縛りがない・違約金も安い。

 

まず、メリットとしては、自分好みにスマホもSIMも契約先も選択が可能という点が挙げられます。

 

自分のスマホ利用状態にあった契約先や格安スマホを選ぶ事で、乗り換えの場合は月額料金がそれまでの半分以下になることもあります。

 

格安スマホはセットで売っている物をデーター通信契約と共に購入するパターンが多いです。

 

しかし、例えば、端末はiPhone最新のが使いたい!といった場合は、スマホ自体は格安ではありませんが、それを格安SIM利用することも出来ます。

 

つまり、自分が使いたい機種を大手キャリアより格安の通話・通信料金で、利用することが可能です。

 

また、月額使用料金を少なくするために、大手キャリアからMVNO(通信業者)に乗り換えする場合など、手元のスマホがまだ使えるから!という事で、既存のスマホに格安SIMを挿入し、MVNOで契約することも可能です。

 

SIMカードは契約先のMVNOが用意しているので、実質MVNO選びがスマホ料金が格安に出来るかどうかのポイントといえるでしょう。

 

契約の際の料金プランの仕組みも、格安スマホはシンプルといえます。

 

加えて、大手キャリアによくある2年契約の縛りが格安スマホにはない事も利点です。

 

中途解約の場合にかかる違約金も大手キャリアと比べると安いことが多いです。

 

スマホ2

 

デメリット

  • 通信速度が遅い場合がある。
  • データ通信制限や容量がすぐいっぱいになる。
  • キャリアメールアドレスが使えない。
  • 年齢認証機能が使えない。

 

デメリットは、MVNOは、大手キャリアの通信回線を借りて利用者の通信を可能としているため、キャリアと直接契約しているユーザーよりも通信速度が遅い場合があることが挙げれます。

 

ただ、最近はMVNOの通信速度も改善されてきているようなので、評判の良い業者を選べばそこまで心配する必要はないかと思います。

 

加えて、スマホは携帯電話とほとんど変わらない利用の仕方(メールや通話などの基本機能のみ使っている)をしている方は、格安スマホにすることで、大幅に月額料金を減額出来る可能性が高く不便もそこまでないといえます。

 

ところが、スマホでアプリを沢山インストールしたり、写真や動画などのデータの保持率や視聴率も高く、ネット検索やSNSも駆使し、PCのように利用している方は、格安スマホにしてもあまり料金が安くならない可能性が否めません。

 

逆に、保存して置けるデータ容量が少なかったり、画質が気に入らなかったり、動作面などで不便を感じることの方が多いかもしれません。

 

最近はLINEなどのアプリで連絡を取ることも出来る為、利用していない方も多いと思いますが、キャリアメールのアドレス(ezweb.ne.jpやdokomo.ne.jpなど)も利用できません。

 

他にも、年齢認証が出来ず、LINEのID検索ができないというデメリットもあります。
(LINE MOBILEであれば、可能。)

 

また、メリットで自分好みにカスタマイズが可能!とは述べましたが、MVNOで契約対応可能としているスマホの機種が限られている場合があるので注意が必要です。

 

他には、MVNOでもネームバリューがある会社の系列であれば、急に回線が使えなくなったり、個人情報が漏えいしてしまう危険性は低いといえますが、只々料金設定がどこよりも低い!というだけであまり聞いたことのないようなMVNOで契約するのはリスクが高いといえます。

 

発展途上の優良業者である可能性も0ではないかもしれませんが、スマホの契約も利用も重要な個人の情報を扱いますから、出来るだけ素性の分かる業者で格安スマホ契約をした方が良いといえるでしょう。

 

格安スマホの業者はどんなところがある?

 

そもそも、格安スマホはどんな業者で契約したり、説明を受けたりすれば良いの?という方もいると思います。

 

格安スマホを扱う業者は最近増えており、有名どころでは以下のような業者が挙げられます。

 

格安スマホを取り扱っている業者

  • Y!mobile(ワイモバイル)
  • 楽天モバイル
  • mineo(マイネオ)
  • LINEMOBILE(ラインモバイル)
  • UQmobile(ユーキューモバイル)
  • DMM mobile(ディエムエムモバイル)
  • BIGLOBE SIM(ビッグローブシム)
など

 

スマホの利用頻度が通話や通信においてそこまで多くない方は、格安スマホに乗り換えをした方が月々の料金が安くなる可能性が高いです。

 

最近は、以前よりも格安スマホがデータ通信速度が遅かったり、サポートなどが不十分といったデメリットが改善されつつあります。

 

もし、現在、月々の携帯料金が使用度合いに見合ってないように感じる場合は、大手キャリアから格安スマホを扱っているMVNOに代えることを検討してみると良いでしょう。