高額限度額の横浜銀行カードローンで増額をするには?

 

横浜銀行カードローンは、営業地域が限定されている地方銀行カードローンです。

 

その為、全国からの申し込みには対応していませんが、高い最高限度額と低い金利設定で最近人気のカードローンとなっています。

 

最高限度額1,000万円という設定は、数多くある銀行カードローンの中でも珍しい高額設定といえるでしょう。

 

また、最高限度額がそれだけ高いと、増額も他の銀行カードローンと比べてし易いのではないか?と考える方もいると思います。

 

横浜銀行カードローンの貸付条件は?

 

増額を申込む前に、一度横浜銀行カードローンの貸付条件を見直しておいた方が良いでしょう。

 

万が一、申し込み対象などから外れる可能性がありそうな場合は、増額を申し込んだことで、融資停止になってしまう事もあるので注意してください。

 

横浜銀行カードローンの貸付条件は以下の通りです。

 

利用条件

契約時満20歳以上69歳以下の方
安定した収入のある方、およびその配偶者
(パート・アルバイトの方も可。学生の方は不可。年収には年金を含む)
次の地域に居住またはお勤めの方
・神奈川県内全地域
・東京都内全地域
・群馬県内の以下の市
・前橋市、高崎市、桐生市
保証会社(SMBCコンシューマーファイナンス株式会社)の保証が受けられる方
横浜銀行ならびにSMBCコンシューマーファイナンス株式会社の個人情報の取り扱いに同意される方

限度額

10万円〜1,000万円

金利

年1.9〜14.6%

必要書類

【本人確認書類】

  • 運転免許証
  • 健康保険証+住民票または公共料金等の領収書の写し
  • パスポート
  • マイナンバーカード(個人番号カード
  • 在留カード(永住権の記載があるもの)・特別永住者は特別永住者証明書

【収入証明書】

  • 源泉徴収票
  • 納税証明書
  • 確定申告書
  • 住民税決定通知書

 

横浜銀行カードローンでは、振り込み融資ではなくローンカードでの借り入れも可能です。

 

その為、横浜銀行の口座がなくても、カードローンへの申し込みは出来ます。

 

ただ、既に横浜銀行の口座がある場合は、カードローン契約がWEB完結可能なので通常よりスムーズに契約手続きが可能です。

 

横浜銀行カードローンに申し込みをした後は、指定した電話番号に確認の連絡が入るので、必ず電話に出られるようにしましょう。

 

審査結果は最短で申し込みの翌日に連絡され、その後で必要書類を提出します。

 

書類の提出の際、横浜銀行の口座がある方は、WEBから手続きが可能です。

 

口座がない場合は、書類の提出を郵送かFAXでする事になります。

 

郵送よりかはFAXで書類提出をした方が、手続きに時間がかかりません。

 

郵送は書類が届くまでに早くても1〜2日はかかるので、その分手続きが遅くなります。

 

契約手続き完了後は、郵送(簡易書留郵便)でローンカードが来るのを待つだけです。

 

横浜銀行カードローンのローンカードの発行は郵送のみとなっています。

 

限度額が高くなると低金利な横浜銀行カードローン!

 

横浜銀行カードローンは最高金利が年14.6%と低金利なので、契約出来るだけでも十分金利を低く借り入れが可能です。

 

しかし、最高限度額が高めのカードローンは、契約する限度額が高いほどより低金利になる傾向があります。

 

横浜銀行カードローンの金利推移も、例にもれず限度額が上がる事でさらに低金利になるといえるでしょう。

 

借入限度額

金利

100万円以下

年14.6%

100万円超200万円以下

年11.8%

200万円超300万円以下

年8.8%

300万円超400万円以下

年6.8%

400万円超500万円以下

年4.8%

500万円超600万円以下

年4.5%

600万円超700万円以下

年4.0%

700万円超800万円以下

年3.5%

800万円超900万円以下

年3.0%

900万円超1,000万円未満

年2.5%

1,000万円

年1.9%

 

特に、限度額100万円超200万円以下の年11.8%は、同じ限度額で他の銀行カードローンで借りたときと比較しても低金利といえるでしょう。

 

例えば、同じ地方銀行カードローンで、低金利な静岡銀行カードローン セレカや千葉銀行カードローンと比較しても、横浜銀行カードローンは低金利です。

 

  • 横浜銀行カードローン=100万円超200万円以下 年11.8%
  • 静岡銀行カードローン セレカ=100万円超200万円以下 年12.0%
  • 千葉銀行カードローン=100万円以上290万円以下 年12.0%

 

ただ、横浜銀行カードローンは最高限度額が1,000万円と非常に高額ですが、だからといって初回契約から高い限度額が付くとは限りません。

 

また、最初の限度額が少額だからといって、すぐに増額をする事もなかなか出来ないといえます。

 

横浜銀行カードローンは、基準金利の最高金利が低金利である分、限度額が上がればより低金利で借りる事が可能です。

 

その為、横浜銀行カードローンでの増額を考える方も少なくないでしょう。

 

しかし、金利が低くなる分、銀行側としては利益が少なくなりますから、よほど信用実績が積めている顧客でないと増額は難しいです。

 

横浜銀行カードローン増額の流れは?

 

横浜銀行カードローンで増額を申し込む場合は、フリーコール(0120-458-014)へ電話をする必要があります。

 

フリーコールでの受付は、平日9時〜20時土日祝日9時〜17時というように時間が限られているのに注意してください。

 

電話で増額の申し込みをした後は、審査が完了するのを待つだけです。

 

しかし、増額審査は契約時の審査よりも時間がかかることが多いので、即日で増額!というわけにはいきません。

 

どうしてもすぐに借りられる金額を増やしたい場合は、消費者金融などで新規契約をした方が早いでしょう。

 

増額審査は契約時の審査より厳しい?

 

増額の審査は、契約時の審査で重視される信用情報や属性に加え、契約してからの利用実績が重視されます。

 

その為、横浜銀行カードローンで返済が遅れた事があったりすると、増額審査は通過出来ない可能性が高いです。

 

それなら返済遅延を起こす前に、契約してすぐ増額しておこう!と思う方もいるかもしれませんが、その様な事は出来ません。

 

基本的に、限度額の増額は契約先で最低半年〜1年カードローンを利用していないと、申し込んでもうまくいかない可能性が高いです。

 

また、横浜銀行カードローン以外でカードローン契約をした件数が増えていたり、他社で返済遅延をしている場合も増額審査に悪影響が及びます。

 

限度額を増額するというのは、貸し付け側としては融資する金額が増える事になるので、万が一返済がされなかった場合には金利も下がる分損失も大きくなるといえるでしょう。

 

したがって、増額審査は契約時の審査よりもハードルが高いといえます。

 

返済遅延をしていたり、他社借入の状況が良くない場合は確実に増額審査では不利です。

 

加えて、収入の安定性も契約時に比べて重視される傾向にあり、転職をして直ぐなどは増額を避けた方が良いでしょう。

 

というのは、カードローンでは収入の高さよりも安定性を重視するので、転職した先での給与が良くても審査では勤続年数がリセットされたという事でマイナスに働いてしまうからです。

 

もし、横浜銀行カードローンでの増額と転職を同時に考えている場合には、増額審査を受けてから転職をする事をオススメします。

 

ちなみに、増額審査では在籍確認がないカードローンも中にはありますが、横浜銀行カードローンは場合によっては増額の際でも勤務先に電話確認が入る可能性がゼロではありません。

 

特に、契約時の状態から個人情報に変更があり、転職していたり収入が少なくなっていたり、収入証明書の提出が出来なかったりすると、増額時の在籍確認が行われる可能性が高いです。

 

横浜銀行から増額案内が来た場合も審査はある?

 

時に、増額の申し込みを自分では考えていなくても、貸付側の方からハガキや電話で案内がくることもあります。

 

増額の案内が来るというのは、それなりに返済能力が横浜銀行カードローンに認められていると思って良いでしょう。

 

原則、増額の希望が望めそうな顧客にしか案内は届きません。

 

ところが、増額の案内が来たからといって、絶対に借りられるとも限らないです。

 

増額の案内があってから申し込んでも、審査は必ずあるので細かく信用情報や属性が問われたところ、増額審査に落ちる事もあります。

 

わざわざ貸付側から案内などがあると、確実に増額出来るような気もしてしまいますが、その時点では他社借入や属性の細かい点をまだ精査していない事が多いです。

 

案内がないよりはあった方が、増額に成功できる可能性がありますが、増額審査通過の確実性を保証するものではありません。

 

横浜銀行カードローン公式サイトへ⇒